「終末」と「終焉」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「終末」と「終焉」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「終末」「終焉」の違いを分かりやすく説明していきます。

「終末」とは?

「終末」とは?

「終末(しゅうまつ)」とは、「物事が最後に行き着くところ」「物事が終わって結果が示されること・おしまい」を意味している表現です。

「終末」という言葉は、「ある物事・生命が終わること」「物事が終わってある結果が出されること」を意味しているのです。

例えば、「物語の終末に涙しました」「世界の終末を予言した人物」などの文章で使用されます。

「終焉」とは?

「終焉」とは?

「終焉(しゅうえん)」とは、「生命が終わること・死の時を迎えること・最期や末期(まつご)・臨終」を意味している言葉です。

「終焉」の元々の意味は「生命が終わって死ぬこと」ですが、その原義から転じて「規模の大きな物事の終わり・深刻な影響が生じる物事の終わり」といった意味合いも持っています。

例えば、「人生の終焉を迎えようとしていた」「時代の終焉を感じさせる歴史的事件でした」などの例文で使うことができます。

「終末」と「終焉」の違い!

「終末」と「終焉」の違い!

「終末」「終焉」の違いを、分かりやすく解説します。

「終末」「終焉」「物事の終わり」を意味している点では共通していますが、「終焉」のほうが「終末」よりも「生命活動の終わり・本当の最期や末期(まつご)」という意味のニュアンスが強くなっています。

「終末」「物事が最後に到達するところ・おしまいの結果」を意味していて「生命の終わり」という意味も含んでいますが、「ある物事が終わって結果が出ること」に意味の重点が置かれている違いがあります。

「事件の終焉」よりも「事件の終末」としたほうが、「事件が終わってその結果が出される」といった意味合いが強くなる違いを指摘できます。

まとめ

まとめ

「終末」「終焉」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「終末」という言葉は「物事が最後に行き着くところ」を意味していて、「終焉」という表現は「生命が終わり死を迎えること・物事が本当に終わること」を意味しているという違いがあります。

「終末」「終焉」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。