スポンサーリンク

「沈下」と「沈降」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「沈下」と「沈降」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「沈下」「沈降」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「沈下」とは?

「沈下」とは?

「沈下」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「沈下」「ちんか」と読みます。

「沈下」は、「沈んで位置が下がること」という意味があります。

例えば、地下鉄工事などにより、地中に空洞ができて、そのことによって土地が沈み下がった場合、「地下鉄工事の影響で、地面が沈下した」などという文章にできます。

また、「沈下橋(ちんかばし)」という橋があり、川の水面近くにかけられる橋が、大雨になり増水すると、水中に沈む仕組みになっています。

「沈下橋は、流木などが引っかからずに済むため、逆に安全だ」などという文章にできます。

さらに「沈下」は精神状態の沈み込みについても使える言葉になります。

失恋をしたら気持ちが沈んでしまうでしょう。

このような場合、「失恋して、精神状態が沈下してしまい、動けなくなる」などという文章を作ることができます。

「沈降」とは?

「沈降」とは?

「沈降」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「沈降」「ちんこう」と読みます。

「沈降」「土地などが、沈み下がること。

沈下」
という意味があります。

例えば、地震などによって、地盤が沈み位置が下がることを、「地震により、地盤の沈降が起こる」と言うことができます。

また、地球ができてから現在までの時間を長回しした場合、ある土地が沈み下がる場面はいくらでもあるでしょう。

そこで、「現在の地形になるまで、土地は何度も沈降している」などという文章を作ることができます。

また「沈降」には「沈んで下に溜まること。

沈殿」
という意味があります。

例えば、泥水をビーカーに入れて放置しておくと、泥が沈んで下に溜まります。

この様子を、「泥が沈降して、水と分離する」などと表現することができます。

「沈下」と「沈降」の違い

「沈下」と「沈降」の違い

「沈下」「沈降」の違いを、分かりやすく解説します。

「沈下」は、「沈んで位置が下がること」という意味があります。

一方で、「沈降」「土地などが、沈み下がること。

沈下」
という意味があります。

どちらも、沈み下がることを意味する言葉になります。

「沈下」は地面が沈み込むこと、精神状態が沈むことなどを意味するのに対して、「沈降」は、地面が沈み込む現象を意味します。

「沈下」が沈み込む現象すべてに対して使えるのに対して、「沈降」はどちらかと言えば自然現象に対して使う言葉になります。

このように、人間が意図的に何かを沈み込ませたり、人の心が沈むときは「沈下」を、自然現象で地面が沈み込む場合は、「沈降」を使うようにしましょう。

まとめ

まとめ

「沈下」「沈降」の違いについて見てきました。

2つの言葉はとても似た意味を持ちますが、微妙なニュアンスの違いがありました。

微妙なニュアンスを大切にしながら、2つの言葉を使いわけてみてはいかがでしょうか。