スポンサーリンク

「指導」と「教育」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「指導」と「教育」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「指導」「教育」は似たような持っている紛らわしい言葉ですが、「指導」「教育」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「指導」「教育」の意味の違いを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「指導」の意味や使い方

「指導」の意味や使い方

「指導」という表現は、「知能や技能の向上・倫理観の養成など特定の目的に向けて、教えたり導いたりすること」を意味しています。

「指導」には、「ある程度の短期間で目的を達成するため、コツや要点を教えて効果的に導くこと」という意味合いもあります。

「指導」の表現の使い方は、「苦手科目の指導を行っています」のように、「特定の目的達成に向けて教え導く」の意味で使う使い方になります。

「教育」の意味や使い方

「教育」の意味や使い方

「教育」という表現は、「知識・技能・生活能力・道徳規範(人倫)を教えながら全面的に育てること」を意味しています。

「教育」というのは、「ある程度の長期間をかけ、知的能力や人格性、技能・長所を向上させられるように教え育てること」を意味している表現です。

「教育」の表現の使い方は、「生徒の教育に心血を注いできました」のように、「長期間にわたって、他者の知能・技能・人間性(道徳規範)を高められるように、じっくり教えて育てる場合」に使う使い方になります。

「指導」と「教育」の違い

「指導」と「教育」の違い

「指導」「教育」の意味の違いを、分かりやすく解説していきます。

「指導」という表現は、「知識・技術・人格の向上などの特定の目的に向けて、教えたり導いたりすること」を意味しています。

「指導」という言葉には、「短期間で特定の目的を実現するため、その目的に関するコツを教えて導くこと」といった意味のニュアンスもあります。

それに対して、「教育」という表現は「知性・技能・生活能力・道徳規範などを地道に教えながら育てること」を意味しているという違いがあります。

「教育」は、「一定以上の長期間をかけて、知性や人間性(道徳性)、特定技能を向上させられるように教えて育てる」という意味のニュアンスが強くなっています。

「指導」を使った例文と意味を解釈

「指導」を使った例文と意味を解釈

「指導」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「コーチはバスケットボールのドリブルとパスについての指導を熱心に行っていました」

この「指導」を使った例文は、「指導」の表現を、「バスケットボールのドリブルとパスの技術を高めるために教えて導く行為」という意味を持つ文章で使用しています。

「教育」を使った例文と意味を解釈

「教育」を使った例文と意味を解釈

「教育」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「教育の目標は、ただ学科の知識を高めてテストの成績を上げるだけではなく、他者を思いやれる人間性を育むことにもあります」

この「教育」を使った例文は、「教育」の表現を、「知的能力(学力)・生活力・人格性などの面において、時間をかけて人を教えて育てることの目標は」という意味合いで使っています。

まとめ

まとめ

「指導」「教育」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「指導」という言葉は、「技能習得・能力向上・ルール遵守など特定の目的に向けて、教えたり導いたりすること」「短期間で目的を達成するため、コツ・ポイントを教えて導くこと」を意味しています。

それに対して、「教育」という言葉は「知識・技術・基本生活・道徳規範を教えながら育てること」「ある程度の長期間をかけて、知的能力や人間性、特定技能を高められるように教えて育てること」を意味しています。

「指導」「教育」の意味の違いを調べたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。