「2人入居可」と「ルームシェア不可」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「2人入居可」と「ルームシェア不可」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「2人入居可」「ルームシェア不可」の違いを分かりやすく説明していきます。

「2人入居可」とは?

「2人入居可」とは?

「2人入居可」の意味と概要について紹介します。

「2人入居可」の意味

「2人入居可」とは、「賃貸物件で結婚前提のカップルや夫婦、親族の2人で住んでも良いこと」になります。

「2人入居可」の概要

「2人入居可」は、元々1人で住む前提で作られた部屋ですが、代表契約者が1名でも2人までの入居が可能なっ物件のことを言います。

ただし、一緒に住む相手は誰でも良いという訳ではなく、「結婚を前提しているカップル」「夫婦」「兄弟・姉妹」「親子」「その他親族」に限られています。

結婚前提カップルの場合、契約は2名連盟にすることもあります。

また、中には「結婚前提のカップル」「夫婦」に限定されていて、その他の親族はNGという物件もあります。

「ルームシェア不可」とは?

「ルームシェア不可」とは?

「ルームシェア不可」の意味と概要について紹介します。

「ルームシェア不可」の意味

「ルームシェア不可」は、「賃貸物件で友人やネットなどで募った他人と住むのは不可のこと」になります。

「ルームシェア不可」の概要

「ルームシェア不可」は、賃貸物件を、友人やネットで知り合った他人などと、部屋の中に仕切りを設けるなどして住むのはNGのことを言います。

これは、友人や他人の場合、仲たがいをしてどちらかが退去してしまい、その際に残された人が家賃を払えず滞納するケースが多くあるからです。

また、若者がルームシェアをした場合、複数の友人を呼んで夜中に大騒ぎをするケースもあるので、近所迷惑なるという理由もあります。

「2人入居可」と「ルームシェア不可」の違い!

「2人入居可」と「ルームシェア不可」の違い!

「2人入居可」は、「賃貸物件で、結婚前提のカップルや夫婦、親族と住んでも良いこと」です。

「ルームシェア不可」「賃貸物件で友人同士やネットつながりの他人と住むのはNGのこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「2人入居可」「ルームシェア不可」の違いをお伝えしました。

「2人入居可は夫婦やカップルならOK」「ルームシェア不可は友達や他人はNG」と覚えておきましょう。