「かわいい」と「あざとい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「かわいい」と「あざとい」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「かわいい」「あざとい」の違いを分かりやすく説明していきます。

「かわいい」とは?

「かわいい」とは、対象をいとおしく、愛すべき存在だと感じる思いの表現になります。

ですが、実際にはそこまで深く考えることはなく、ちょっとした愛らしいものに対して、「これはかわいい」のように使われるような場合も多く、特に若者は、何に対しても「気に入った」という意味に近く、この「かわいい」と使うことがあります。

男性が女性に対して使う場合、いとおしく思う、愛らしい存在だという解釈になり、直接愛情の表現にはなりませんが、それに近い感情だと考えていいでしょう。

「あざとい」とは?

「あざとい」は、抜け目がないという意味になります。

何かの隙に紛れて得しようとするような人に、「あざとい奴だなぁ」といったような使い方になる言葉ですが、女性をこれだと用いた時には、多少解釈が変わってきます。

その場合にも、「抜け目がない」という本来の意味が変わることはありませんが、男性に対してのそれという意味合いになり、平たく言えば、自分が男性から「かわいく」見えるように抜け目がない様子、そのような女性のことの表現になります。

「かわいい」と「あざとい」の違い

「かわいい」「あざとい」の違いを、分かりやすく解説します。

「かわいい」は、特に裏はなく、それが愛らしい存在だという意味になり、女性がこれだと使うと、愛情にも近い同様の表現にすることができます。

「あざとい」は、抜け目がない様子を表す言葉で、女性がこれだとした時には、男性に「かわいい」と思われるように何かと抜け目がないという解釈になると考えていいでしょう。

よって、「あざとい女性」とすると、男性受けはするものの、同性はあまり好かれない傾向があり、男性にもそれが分かってしまうと、敬遠される場合があります。

まとめ

「かわいい」「あざとい」は、このように異なります。

女性に使う場合だけに限れば、男性に抜け目なく「かわいく」見せることが「おざとい」と呼ばれるという関係になります。