「コクワガタの雌」と「ヒラタクワガタの雌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コクワガタの雌」と「ヒラタクワガタの雌」の違い 虫・昆虫
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コクワガタの雌」「ヒラタクワガタの雌」の違いを分かりやすく説明していきます。

「コクワガタの雌」とは?

「コクワガタの雌」とは、そのままコクワガタと分類されるクワガタ虫の雌(メス)を指します。

クワガタ虫には、一番有名なノコギリクワガタや、貴重とされるオオクワガタ、そして、このコクワガタなど色々な種類があり、コクワガタもオオクワガタほどではありませんが、あまり見掛けない種類です。

オオクワガタをそのまま少し小さくしたような見掛けの為、そのような名前が付けられていますが、後述するヒラタクワガタがこれによく似ており、それほど詳しくない人だと区別が付かないかも知れません。

「ヒラタクワガタの雌」とは?

「ヒラタクワガタの雌」も、言葉の通り、ヒラタクワガタの雌を指して使う言葉です。

先のように、コクワガタとよく似ていますが、それよりもサイズが大きいので、慣れてくるとそこで区別が付きます。

ただし、それは雄(オス)の話で、雌はコクワガタのそれとそっくりなので、写真では簡単には区別が付かないこともあります。

見分け方としては、羽に当たる部分の甲に縦に薄く線があれば、先の「コクワガタの雌」で、それが無ければ、こちらの「ヒラタクワガタの雌」となります。

「コクワガタの雌」と「ヒラタクワガタの雌」の違い

「コクワガタの雌」「ヒラタクワガタの雌」の違いを、分かりやすく解説します。

説明のように、これらは一見では見分けが付かないほど似ています。

ですが、明らかに違う種類のクワガタ虫で、コクワガタの方が貴重とされています。

尚、どちらもオオクワガタ属になる種類で、ヒラタクワガタの雄は、そのオオクワガタより大きい個体も多いながら、雌はコクワガタと間違えてしまうほどのサイズ(雄の約半分です)なのが特徴となっています。

まとめ

「コクワガタの雌」「ヒラタクワガタの雌」は、このように異なりますが、同じオオクワガタ属同士で、コクワガタは雄と雌でそれほどサイズが変わらないことから、雌がヒダタクワガタとそっくりに見えてしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
虫・昆虫
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物