「ミュール」と「サンダル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ミュール」と「サンダル」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ミュール」「サンダル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ミュール」とは?

「ミュール」とは?

「ミュール」の意味と概要について紹介します。

「ミュール」の意味

「ミュール」は、「足の爪先や甲が覆われていて、かかとの部分が覆われていない靴のこと」です。

「ミュール」の概要

「ミュール」はフランス語から来ている呼名で、室内履きや泥除けとして使用されている履物です。

かつてマリー・アントワネットが好んではいていたことで知られ、ビーズで豪快に飾られているものもありました。

ミュールとサンダルとの最も大きな違いは「爪先や甲は覆われていて、かかとが出ていること」です。

かかと部分にベルトなどの留め具がないものが多く、「つっかけ」とも呼ばれています。

着脱がし易く、夏場にちょっと出かける時にピッタリですが、すぐに脱げてしまうというデメリットもあります。

「サンダル」とは?

「サンダル」とは?

「サンダル」の意味と概要について紹介します。

「サンダル」の意味

「サンダル」「足の爪先、かかとが覆われていない靴のこと」です。

「サンダル」の概要

「サンダル」は英語で“sandal”と表記し、足を覆わずに、底の部分を足で部分的に留めるデザインの靴です。

ギリシャやローマが発祥で、地面が砂で暑く、足を守る為に生まれた履物です。

ミュールとの違いは、先述の通り「爪先とかかとが覆われていないこと」です。

足の部分と靴底を、バンドやベルトなどで留めて履き、日本では「ビーチサンダル」が最も知られています。

通気性に優れているのですが、爪の先から砂が入り易いのがデメリットです。

「ミュール」と「サンダル」の違い!

「ミュール」と「サンダル」の違い!

「ミュール」「爪先が覆われていて、かかとに留め具がない靴」です。

「サンダル」「爪さきもかかとも覆われておらず、ベルトやバンドで固定する靴」です。

まとめ

まとめ

今回は「ミュール」「サンダル」の違いをお伝えしました。

「爪先が覆われているのがミュール」「爪先が開いてベルトがついているのがサンダル」と覚えておきましょう。