スポンサーリンク

「トートバック」と「ハンドバック」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トートバック」と「ハンドバック」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トートバック」と「ハンドバック」正確には「ハンドバッグ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「トートバック」とは?

「トートバック」とは?

「トートバック」とは、肩から掛けて使うことを前提に作られた比較的大型のバッグのことです。

持ち手の部分が大きくとられており、手に持って使うこともできますが、重いものを入れる時には肩から掛けるという、本来の利用方法と言える使い方ができるようになっているバッグです。

不織布やビニール製の簡易的なものは、「エコバッグ」として使われており、そのようなバッグは、ほとんどがこの「トートバック」に入ると考えて構いません。

「ハンドバッグ」とは?

「ハンドバッグ」とは?

「ハンドバッグ」とは、その名前の通り、手に持って使用するバッグです。

持ち手がそれほど大きくなく、それ以外の持ち方は難しい為、必然的に手に持つという使い方をするのが一般的です

大きさは様々ですが、小さなものは抱えることができる程度ですが、大きなものとなると、先の「トートバッグ」以上のサイズとなり、旅行の際にはスーツケースと共に定番となるバッグです。

その大きさと共に、材質も様々で、高級なブランドものには牛革やワニ革が使用されているものもあります。

「トートバック」と「ハンドバッグ」の違い

「トートバック」と「ハンドバック」の違い

「トートバック」「ハンドバッグ」の違いを、分かりやすく解説します。

「トートバック」は、大きなものが入るサイズのバッグで、「エコバッグ」としてもよく利用されており、肩から掛けられる持ち手の大きさがその特徴になります。トートには「運ぶ」「背負う」という意味があります

「ハンドバック」は、手に持って利用するバッグで、サイズや材質は様々です。

ブランドものも多く存在し、高いものになると、100万円以上する場合もあります。

主に女性が使用するものですが、旅行の際には男性もスーツケースと共に、よくこれを持っている姿が見られます。

まとめ

まとめ

「トートバック」「ハンドバッグ」には、このような違いがあります。

「トートバック」の方がハンドバッグと違い、「運ぶ」「背負う」ことに意識して使われることが多いです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物