スポンサーリンク

「トリートメント」と「シャンプー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トリートメント」と「シャンプー」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トリートメント」「シャンプー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「トリートメント」とは?

「トリートメント」とは?

「トリートメント」とは、髪の毛のダメージを修復する為に用いられる薬剤、またはそういった行為自体に使われる言葉です。

「トリートメントをする」と使うと、その行為自体のことになり、「どんなトリートメントが合うかな」などとすると、「トリートメント」に使う薬剤のことだと考えることができます。

髪の毛のつや出しや綺麗に整える為に使われる「リンス」とはまた別になりますが、その効果も含まれているものが多くなっています。

「シャンプー」とは?

「シャンプー」とは?

「シャンプー」とは、髪の毛を洗う時に使う洗剤に当たります。

こちらもそのような行為としても使える言葉で、髪や頭皮への影響を考慮して作られている為、他の部位にも使えなくもありませんが、そのような使い方はあまり推奨されません。

「リンス」と一緒になっている「リンスインシャンプー」と呼ばれるものもあり、そちらを使えば「シャンプー」の後にリンスは必要が無くなります。

天然素材のみで作られたものや、ちょっとした「トリートメント」効果のあるシャンプーも増えており、香りや泡立ち感なども製品によって様々です。

「トリートメント」と「シャンプー」の違い

「トリートメント」と「シャンプー」の違い

「トリートメント」「シャンプー」の違いを、分かりやすく解説します。

「トリートメント」は、髪の毛のダメージの修復が目的になります。

よって、洗浄効果はない為、多くは「シャンプー」の後に利用されると考えていいでしょう。

「シャンプー」は、髪の毛、及び頭皮の洗浄に使う洗剤で、「シャンプーをする」とすれば、洗う行為自体の表現になります。

このような使い方は「トリートメント」でも一緒で、「シャンプーをした後にトリートメントも行った」のように、一緒に使われることも多い言葉です。

まとめ

まとめ

「トリートメント」「シャンプー」は、このような違いになります。

「トリートメント」は、男性はあまり行うものではなく、主に髪の毛の長い女性が利用しています。