スポンサーリンク

「坊主」と「ハゲ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「坊主」と「ハゲ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「坊主」「ハゲ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「坊主」とは?

「坊主」とは?

「坊主」の意味と使い方について紹介します。

「坊主」

「坊主」「ぼうず」と読み、「お寺の主である僧侶のこと」「僧侶の総称」「髪の毛のない頭」「毛を剃ったり刈ったりした頭」「表面がむき出しになっている様子」「男の子に対する呼称」「〇〇坊主として親しみを表す」という数多くの意味があります。

「坊主」の使い方

「坊主」は、多くは「髪の毛があるけれども、剃ったり刈ったりして限りなく短くした頭のこと」として使います。

男の子を「坊主」と呼ぶのは、お寺の修行に出された男の子が、髪を短く刈る習慣があったからと言われています。

つまり、僧侶や男の子の様に、ヘアスタイルの呼名として「坊主」と呼ばれ、次第に髪の毛のない人を「坊主」と呼ぶ世になったのです。

「ハゲ」とは?

「ハゲ」とは?

「ハゲ」の意味と概要について紹介します。

「ハゲ」の意味

「ハゲ」は漢字で「禿」と表記します。

意味は「髪の毛が抜け落ちている部分」「髪の毛が抜け落ちた頭」「樹木のない山」という意味があります。

「ハゲ」の使い方

「ハゲ」は、基本的に「頭髪が抜け落ちた状態」であり、「あるべきものがなくなった様子」として使われます。

つまり、「ハゲ」の場合、ヘアスタイルとしてそうしているのではなく、加齢や病気などにより抜け落ちてしまった為に仕方なくそうしていることが多いのです。

このことから、男性に対して「ハゲ」というのは人を見下した表現であり、タブー語とされています。

「坊主」と「ハゲ」の違い!

「坊主」と「ハゲ」の違い!

「坊主」は、「頭髪があるのにヘアスタイルとして短くしている状態」「男の子の総称」という意味です。

「ハゲ」は、「頭髪が抜け落ちてしまった状態」「あるべきものがない様子」という意味です。

まとめ

まとめ

「坊主」「ハゲ」は、「元々頭髪があるのか、なくなってしまったのか」という違いがあります。

男性に向かって「ハゲ」と言うのは禁句ですので使わない様にしましょう。