スポンサーリンク

「ホールディングス」と「持分会社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ホールディングス」と「持分会社」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ホールディングス」「持分会社」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ホールディングス」とは?

「ホールディングス」とは?

「ホールディングス」とは、「基本的に自らは事業を行わずに、傘下にした複数の会社の株を保有・支配してる持ち株会社」を意味している経済用語です。

「ホールディングス」は、株だけ保有して事業をしない「純粋持株会社」と事業も合わせて行う「事業持株会社」に分けられます。

「ホールディングス」にすることで、「迅速な意思決定と包括的な事業展開のメリット」が生まれやすくなります。

「持分会社」とは?

「持分会社」とは?

「持分会社(もちぶんがいしゃ)」とは、「株式会社ではない合同会社・合資会社・合名会社の3つの会社形態の総称」を意味する経済用語です。

「合同会社」とは「有限責任社員(出資額以上の負債を負う必要がない社員)のみで構成されている会社」「合資会社」とは「有限責任社員と無限責任社員がそれぞれ最低1名はいる会社」「合名会社」とは「無限責任社員だけで構成されている会社」を意味しています。

「持分会社」には「設立コストが安い・決算報告の義務がない・株主から経営に干渉されない」などのメリットがありますが、「大規模事業がしづらい・無限責任を負う」などのデメリットもあります。

「ホールディングス」と「持分会社」の違い!

「ホールディングス」と「持分会社」の違い!

「ホールディングス」「持分会社」も会社形態のことを意味している経済用語ですが、「ホールディングス」とは「複数の子会社の株を大量に保有して支配・操作する持株会社」を意味していて、「持分会社」「合同会社・合資会社・合名会社の三つの会社形態の総称」を意味している違いがあります。

「ホールディングス」「複数の子会社・大資本を持っていて大規模な事業を展開する大企業」が設立することが多い会社形態で、「子会社の株を保有して親会社になる持株会社」のことを意味しています。

それに対して、「持分会社」「株式会社ですらない会社形態(株保有による子会社支配などとは無関係)・出資者と従業員が一致しやすい小規模な会社形態」のことを意味しているという明らかな違いがあります。

まとめ

まとめ

「ホールディングス」「持分会社」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ホールディングス」という経済用語は「自らは事業を行わずに子会社の株を保有し支配する持株会社(親会社)」を意味していますが、「持分会社」「出資者と社長・社員が概ね一致する合同会社・合資会社・合名会社の総称」を意味している違いがあります。

「ホールディングス」「持分会社」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物