「ベンガル」と「サバンナキャット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ベンガル」と「サバンナキャット」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ベンガル」「サバンナキャット」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ベンガル」とは?

「ベンガル」とは、「アメリカのブリーダーが1963年に、ヤマネコ(アジアンレパード)とイエネコを交配して作ったワイルドな外見と高い身体能力を持っている猫」のことです。

「ベンガル」はアーモンド形の目と筋肉質な体格を持っている野性味あふれる猫で、ヒョウのようなまだら模様や渦巻き状のマーブル模様が特徴になっています。

「ベンガル」の性格は、「おとなしく従順でなつきやすい・知能が高くてしつけやすい」といった特徴があります。

「サバンナキャット」とは?

「サバンナキャット」とは、「1986年にベンガルのブリーダーが、イエネコと野生のサーバルキャット(アフリカンサーバル)を交配して作り、1996年に改良された大型の猫」のことです。

「サバンナキャット」はアーモンド形のつり上がった目と精悍な肉体を持っているワイルドな猫で、体長は50~70㎝、体重は雄6. 5~13Kg、雌6~10Kgにまで成長します。

一般的なイエネコの二倍近い大きさにまで成長することがあるのです。

「サバンナキャット」の性格特徴は、「社交的でなつきやすいがいたずら好き・機動力とジャンプ力があって活動的・頭が良くてしつけやすい」になります。

「サバンナキャット」はサーバルキャットの血の濃さによってF1~F7に区分されていますが、日本では非常に珍しい猫種で高額なため、「セレブ猫」とも呼ばれています。

「ベンガル」と「サバンナキャット」の違い!

「ベンガル」「サバンナキャット」の違いを、分かりやすく解説します。

「ベンガル」「サバンナキャット」「野性味のある外見をしている大型の猫の品種」という意味では共通していますが、「サバンナキャット」「イエネコと野生のサーバルキャット(アフリカンサーバル)をかけ合わせて作られた猫の品種」という違いがあります。

雄の体重が約6. 5~13キロもある「サバンナキャット」は野生のサーバルの体格を受け継いでいて、「ベンガル」よりも大きいという違いも指摘できます。

「セレブ猫」とも呼ばれる「サバンナキャット」は、「ベンガル」よりも希少性の高い猫のため、日本での販売価格が約100~300万円にもなる違いもあります。

まとめ

「ベンガル」「サバンナキャット」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ベンガル」とは「1963年にヤマネコとイエネコを交配して作られたワイルドで個性的な外見を持っている猫」を意味していて、「サバンナキャット」「1986年にイエネコとアフリカンサーバルを交配して作られ1996年に改良された大型のセレブ猫(高額な猫)」を意味しているという違いがあります。

「ベンガル」「サバンナキャット」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物