スポンサーリンク

「上司」と「先輩」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「上司」と「先輩」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社で「上司」「先輩」はどの様に違うのでしょうか。

それぞれの意味や使い方なども併せて紹介します。

スポンサーリンク

「上司」とは?意味や使い方

「上司」とは?意味や使い方

「上司」の意味と使い方について紹介します。

意味

「上司」とは、「自分よりも役職が上の人のこと」という意味です。

年齢や、どちらが先に入社したかなどは関係ありません。

使い方

「上司」は、「職場で年上の人のこと」ではありません。

あくまで「自分が在籍する組織において役職が上の人のこと」を言い、他部署であっても定義上は「上司」なのです。

もしも新入社員の場合、会社で役職のある人は全員上司になります。

また、自分より年齢が低くても、役職が上ならば「上司」です。

「先輩」とは?意味や使い方

「先輩」とは?意味や使い方

「先輩」の意味と使い方について紹介します。

意味

「先輩」とは、「自分と同レベルの役職で、自分よりも早く入社した人のこと」という意味です。

年齢は関係ありません。

使い方

「先輩」は、「特に役職がない、または自分と同レベルであり、自分よりも早く入社した人」のことを言います。

社会人になる前に部活で使ってきた言葉ですが、会社の場合はたとえ自分より年下であっても、入社年度が早ければその人は「先輩」になります。

また、「先輩」は一般的に「自分より年齢が上、或いは凄みのある人」に対する呼びかけとして使うこともあります。

「上司」と「先輩」の違い!

「上司」と「先輩」の違い!

「上司」は、「自分が所属している組織で、自分より地位が上の人」のことです。

「先輩」は、「自分が所属している組織で、自分より先に入った人」のことです。

会社で使う場合にはこの違いになります。

まとめ

まとめ

「上司」「先輩」の違いは、地位か入社時期かという違いがあります。

年齢は関係ないので、年下だからとタメ口を使わない様にしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物