「悪質商法」と「悪徳商法」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「悪質商法」と「悪徳商法」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「悪質商法」「悪徳商法」の違いを分かりやすく説明していきます。

「悪質商法」とは?

「悪質商法」とは?

「悪質商法」の意味と概要について紹介します。

意味

「悪質商法」「あくしつしょうほう」と読みます。

意味は「組織的に行われる商売で、一般のお客さんに対して、違法であったり不当な手段で契約させるもの」という意味です。

概要

「悪質」は、「質が悪いこと」「たちが悪いこと」という意味があります。

お客に「絶対儲かる商売がある」と言い、準備金や出資金などと言い、大金を支払わせておきながら、全く配当がなかったり、安売りなどで人を集めて、会場を閉め切り、日用雑貨などをタダ同然の値段で売り、来場者を催眠状態にして最終的に布団は電気治療器などの高額商品を売りつけたりします。

違法かつ不当でありながら、一人暮らしの高齢者が騙される傾向があります。

「悪徳商法」とは?

「悪徳商法」とは?

「悪徳商法」の意味と概要について紹介します。

意味

「悪徳商法」「あくとくしょうほう」と読みます。

「販売した側が不当に利益を得る様な、道徳的に問題のある商売をすること」という意味です。

概要

「悪徳」「悪いおこない」「道徳に背いた不正な行為」という意味です。

突然人の自宅を訪れて「風水が悪いのでこの絵を買えば良くなる」などと言い、高額な絵画を買わせたり、高いものを安く買い叩いたりします。

「悪質商法」と「悪徳商法」の違い!

「悪質商法」と「悪徳商法」の違い!

「悪質商法」「悪徳商法」は、基本的に同じ意味です。

警察や消費者センターでは「悪質商法」で、日常会話やネットのSNSやブログなどで「悪徳商法」が使われることが多いだけです。

まとめ

まとめ

「悪質商法」「悪徳商法」は、どちらも同じ意味です。

違法な商売をしている人に対して使う言葉だと覚えておきましょう。