「認識」と「理解」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「認識」と「理解」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「認識」「理解」の違いを分かりやすく説明していきます。

「認識」とは?

「認識」とは?

「認識(にんしき)」とは、「ある物事の存在・状態を知覚して知ること」「意識の作用によって知られた内容」を意味している言葉です。

「認識」という表現は「ある物事の本質・意義・特徴などを知って、その知った内容を保持していること」も意味していて、「彼女は専門分野について認識を深めました」などの文章で使われます。

哲学用語としての「認識」には、「物事・事象の本質が何であるのかを知る意識の基本的なはたらき」といった意味があります。

「理解」とは?

「理解」とは?

「理解(りかい)」とは、「物事の本質・道理を悟って知ること、分かったと思うこと」を意味しています。

「理解」という言葉には、「他人の気持ち・感情・考え・立場などを察してよく分かったと思えること」「人の気持ち・思考などについて分かったと確信すること」などの意味合いもあります。

例えば、「知識の内容を理解する能力が高い」「あなたの気持ちはよく理解できます」といった例文で使えます。

「認識」と「理解」の違い!

「認識」と「理解」の違い!

「認識」「理解」の違いを、分かりやすく解説します。

「認識」「理解」「ある物事・現象・人についてその存在や本質を知ること」という意味合いでは共通していますが、「認識」という言葉は「ある物事の存在・本質について知っている状態を保持すること」に重点があります。

認識に対して「理解」という表現は、「ある物事の存在・特徴・本質などについて分かったと思える心理状態になること」に意味の重点が置かれている違いを指摘できます。

また「理解」という言葉には、「他者の気持ち(感情)・考え・状態を察して分かったと確信できること」の意味合いがありますが、「認識」「他者の気持ちを認識する」といった使い方は一般にしないという違いもあります。

「認識」のほうが「理解」よりも、「存在を知ること・内容を知った上で保持していること・哲学的専門的な知見」のニュアンスが強くなっています。

まとめ

まとめ

「認識」「理解」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「認識」とは「ある物事の存在を知覚して知ること」「ある物事の本質・意義・特性などを知った上で知った内容を保持すること」を意味していて、「理解」「ある物事の内容・経緯などが分かったと確信できること」「人の思考・気持ち・状態などが分かったと思えること」を意味している違いがあります。

「認識」「理解」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。