スポンサーリンク

「押入れ」と「クローゼット」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「押入れ」と「クローゼット」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「押入れ」「クローゼット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「押入れ」とは?

「押入れ(おしいれ)」とは、「主に和室に備え付けられてる中段の区切りと奥行きのある収納スペース」のことを意味しています。

「押入れ」という住宅用語は、「主に布団・寝具・道具類などを入れておくことを想定した和室の収納場所」を意味しているのです。

「押入れ」は組布団の収納ができるように奥行きが約75センチあり、上部には「天袋(てんぶくろ)」と呼ばれる小さな収納場所もついています。

「クローゼット」とは?

「クローゼット」とは、「主に洋室に備え付けられている、ハンガーを使用できるだけの高さがある収納スペース」のことを意味しています。

「クローゼット」という住宅用語は、「主に衣類(洋服)・靴などを入れておくことを想定した洋室の収納場所」を示しているのです。

「クローゼット」の奥行きは約50センチで、上部にハンガーをかけるためのパイプがついています。

「押入れ」と「クローゼット」の違い!

「押入れ」「クローゼット」の違いを、分かりやすく解説します。

「押入れ」「クローゼット」「住宅内(部屋の中)の収納空間」を意味しているということでは同じですが、それぞれの収納場所が設置されている部屋や目的が異なっているのです。

「押入れ」というのは「和室に設置された主に布団・寝具・道具(物)を入れるための収納スペース(奥行き約75センチ)」のことですが、「クローゼット」「洋室に設置された主に洋服(衣類)・靴を入れるための収納スペース(奥行き約50センチ)」を意味している違いがあります。

「押入れ」「ふすまの内部の中段に仕切りのための板があり、押入れの上部には天袋という小さな収納スペースがある」という特徴がありますが、「クローゼット」「内部の上にハンガーをかけるためのパイプがあり、ふすまがない」という特徴がある違いを指摘できます。

まとめ

「押入れ」「クローゼット」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「押入れ」とは「和室に備え付けられた布団・寝具・道具などを入れておくための収納場所」を意味していて、「クローゼット」「洋室に備え付けられた衣類・洋服・靴などを入れておくための収納場所」を意味している違いがあります。

「押入れ」「クローゼット」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。