スポンサーリンク

「活性炭」と「竹炭」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「活性炭」と「竹炭」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「活性炭」「竹炭」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「活性炭」とは?

「活性炭」とは?

「活性炭(かっせいたん)」とは、「木材(木や竹)・石炭・ヤシ殻などの炭素物質を原料にして、吸着効率を高めるための物理的・科学的処理を施して作られた人工的な多孔質の物質」です。

「活性炭」は直径1nm(ナノメートル)前後の「超微細孔」を持つ炭素物質なのです。

一般的な木炭・竹炭よりも強い「吸着力・調湿力」を持っていて、「脱臭・空気浄化・水質浄化」といった目的に適しています。

「活性炭」は物理的・化学的処理によって無数の小さな孔(あな)を開けた炭素物質です。

そのため、空気からは臭い成分、水から着色成分、水道水からトリハロメタンなどの有害物質を吸着して取り除くことができるのです。

「竹炭・木炭・石炭」などの炭化物が加熱されて、「活性炭」に変質する作用を「賦活(ふかつ)」といいます。

「竹炭」とは?

「竹炭」とは?

「竹炭(ちくたん)」とは、「竹を焼いて人為的に炭化させたもの」を意味しています。

「竹炭」「燃料用の木炭」とは異なり、周囲の空気に含まれる水分を吸着して乾燥時に水分を吐き出す「調湿機能」を発揮します。

微細な穴(直径20~60μ)がたくさん開いた「多孔質」「竹炭」はにおい成分を吸着する作用があり、「脱臭・空気や水質の浄化」にも期待できます。

「活性炭」と「竹炭」の違い!

「活性炭」と「竹炭」の違い!

「活性炭」「竹炭」「大部分が炭素から構成される吸着力を持つ多孔性物質」という点では共通していますが、「竹炭」の原料が「竹」に限定されるのに対して、「活性炭」「竹や木・石炭・ヤシ殻など各種の炭素物質」を原料にしている違いがあります。

「活性炭」の微細孔の大きさは「直径1nm前後」「竹炭」の微細孔の大きさは「直径20~60μ」である違いも指摘できます。

「活性炭」の孔のサイズは「竹炭」の1万分の1以下で小さいため、「吸着力・脱臭作用・空気や水質の浄化力」などが、「竹炭」よりもかなり強くなっている機能面の違いもあります。

まとめ

まとめ

「活性炭」「竹炭」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「活性炭」とは「木材や竹・石炭・ヤシ殻などを原料にして物理的・化学的処理を施した炭素物質」を意味していて、「竹炭」「竹を焼いて人為的に作った炭(活性炭より孔のサイズが大きくて吸着力が劣る)」を意味している違いがあります。

「活性炭」「竹炭」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物