「赤身魚」と「白身魚」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「赤身魚」と「白身魚」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤身魚」「白身魚」の違いを分かりやすく説明していきます。

「赤身魚」とは?

「赤身魚」とは?

「赤身魚」の意味と概要について紹介します。

「赤身魚」の意味

「赤身魚」「あかみざかな」と読みます。

意味は「筋肉の組織に赤い色素が多く、身が赤く見える魚のこと」になります。

「赤身魚」の概要

「赤身魚」は、筋肉色素タンパク質の「ヘモグロビン」と、血液色素タンパク質の「ミオグロビン」が多く、身が赤く見える魚のことを言います。

「ヘモグロビン」には酸素を運搬する役割、「ミオグロビン」には酸素を供給する役割があります。

水産学上ではこの2つの成分の含有量により種類分けされていて、「赤身魚」は、色素タンパク質が100グラムあたり10ミリグラム以上の魚のことを言います。

具体的には「マグロ・サンマ・カツオ・ハマチ・ブリ」などの回遊魚で、赤く見えるのは筋肉部分なのです。

回遊魚は寝ている間も泳ぎ続けることから、大量の酸素が必要とされ、その為に筋肉が赤く見えるのです。

因みに、ハマチとブリは料理では白身魚に分類されていますが、水産学上では違います。

「白身魚」とは?

「白身魚」とは?

「白身魚」の意味と概要について紹介します。

「白身魚」の意味

「白身魚」「しろみざかな」と読みます。

意味は「筋肉の組織に赤い色素が少なく、身が白く見える魚のこと」になります。

「白身魚」の概要

「白身魚」は、筋肉色素タンパク質の「ヘモグロビン」と、血液色素タンパク質の「ミオグロビン」が少なく、身が白く見える魚のことを言います。

水産学上では「白身魚」は、色素タンパク質が100グラムあたり10ミリグラム以下の魚のことを言います。

具体的には「タイ・ヒラメ・アナゴ・タラ・フグ・サケ」などの近海魚になります。

近海魚は行動範囲が狭い為に、大量の酸素は必要としません。

因みに、サケはエビやカニを餌とするので「アスタキサンチン」という成分により身が赤く見えますが、分類上は「白身魚」です。

「赤身魚」と「白身魚」の違い!

「赤身魚」と「白身魚」の違い!

「赤身魚」「色素タンパク質が多く身が赤く見える魚のこと」です。

「白身魚」「色素タンパク質が少なく身が白く見える魚のこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「赤身魚」「白身魚」の違いをお伝えしました。

「赤身魚は色素が多い」「白身魚は色素が少ない」と覚えておきましょう。