「お寿司」と「おにぎり」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お寿司」と「おにぎり」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お寿司」「おにぎり」の違いを分かりやすく説明していきます。

「お寿司」とは?

「お寿司」とは?

「お寿司」の意味と概要について紹介します。

「お寿司」の意味

「お寿司」「おすし」と読みます。

意味は「白米を炊いて、酢と砂糖を混ぜて味付けをして一口大に握り、上に魚貝類など好みのネタを載せたもの」になります。

「お寿司」の概要

「お寿司」は、白米を炊き、「酢と砂糖」で味付けした「酢飯」を握り、上に魚貝類を生や味付けしたものを載せて食べる和食のことを言います。

元々も酢飯の上にネタを載せることで食材が腐敗するのを遅らせる為に作られたものです。

江戸時代には庶民の食べ物として立ち食い屋台などが出ていましたが、段々と魚貝類が貴重になり、現在では庶民にとっては高級な食べ物になっています。

尚、回転寿司ができたことにより、庶民でも格安で「お寿司」を食べられる様になりました。

「おにぎり」とは?

「おにぎり」とは?

「おにぎり」の意味と概要について紹介します。

「おにぎり」の意味

「おにぎり」とは「白米を炊いて、中に梅干しや昆布など具を入れ、塩や醤油で手の平サイズに握ったもののこと」です。

「おにぎり」の概要

「おにぎり」は、白米を炊き、中味に梅干しなどの塩辛い具材を入れ、塩や醤油などで手に乗るサイズに握ったもので、周囲に海苔を巻き付けるものも多くあります。

「おにぎり」は元々、ご飯をお弁当として持ち運べる様に考えられたものです。

昔は「塩にぎり」だけでしたが、段々と味に変化を付けたり、栄養を補充する為に中に具材を入れる様になりました。

「お寿司」と「おにぎり」の違い!

「お寿司」と「おにぎり」の違い!

「お寿司」「ご飯にお酢と砂糖を混ぜて、一口大に握り業界類を載せたもの」です。

「おにぎり」「ご飯を塩や醤油で手の平サイズに握ったもの」です。

まとめ

まとめ

今回は「お寿司」「おにぎり」の違いをお伝えしました。

「お寿司はお酢を増ぜる」「おにぎりは塩で握る」と覚えておきましょう。