スポンサーリンク

「カレー」と「シチュー」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カレー」と「シチュー」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カレー」「シチュー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カレー」とは?

「カレー」の意味と概要について紹介します。

「カレー」の意味

「カレー」とは、「肉や野菜などに、様々な香辛料を加えて味付けしたインド発祥の料理のこと」です。

「カレー」の概要

「カレー」はインド発祥の料理と言われていますが、日本の「カレー」はインドにはなく、日本で独自に発展した料理です。

インドでは、肉や魚、野菜などを香辛料やハーブで煮込んだ料理のことを「カレー」と呼び、それがイギリス経由で日本に伝わり、現在の様な黄色いカレーになったのです。

具材も日本の様に定番の「肉・ジャガイモ・玉ねぎ・にんじん」など盛りだくさんではありません。

しかもインドのカレーはサラサラ系です。

日本では日本人の好みに合う様に独自に改良を重ねて、現在の様なカレールウが作られました。

「シチュー」とは?

「シチュー」の意味と概要について紹介します。

「シチュー」の意味

「シチュー」「肉・魚・魚介類・野菜などを、スープやソースで長時間煮込み、塩などで味付けした料理のこと」という意味です。

「シチュー」の概要

「シチュー」は西洋料理で、16世紀~17世紀頃にフランスで作られる様になった料理です。

肉・魚・魚介類・野菜などを、スープやソース、赤ワインやトマトなどで長時間煮込み、塩やバターなどで味付けしたものを言います。

基本的に「シチュー」は、その家にある肉と食材を煮込んだスープ料理のことで、海外では色が茶色いことが多くなります。

日本でお馴染みの白くてトロリとしたものは「ホワイトシチュー」と呼ばれます。

「カレー」と「シチュー」の違い!

「カレー」「複数のスパイスを入れて煮込む料理のこと」です。

「シチュー」「スパイスを使わずに煮込む料理のこと」です。

まとめ

今回は「カレー」「シチュー」の違いをお伝えしました。

「カレーはスパイス」「シチューはスパイスなし」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物