「炒飯」と「焼飯」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「炒飯」と「焼飯」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「炒飯」「焼飯」の違いを分かりやすく説明していきます。

「炒飯」とは?

「炒飯」とは?

「炒飯」の意味と概要について紹介します。

「炒飯」の意味

「炒飯」は、「ちゃーはん」と読みます。

意味は「中華料理のひとつで、炊きあがった米を、様々な具材と一緒に油で炒めたもの」になります。

「炒飯」の概要

「炒飯」は、中華の家庭料理として最も親しまれているメニューです。

「焼飯」と区別する為に、「炒飯」は、先にフライパンで油を熱して、溶き卵を炒めてからご飯を入れる調理方法とされています。

パラパラに仕上げるのが美味しいとされ、プロの料理人はわずか数十秒で作り終えてしまいます。

また、正統派の中華料理として、ラードや中華の素を使ったり、具材に海老を使うなど、味付けにこだわる人もいます。

「焼飯」とは?

「焼飯」とは?

「焼飯」の意味と概要について紹介します。

「焼飯」の意味

「焼飯」「ちゃーはん」又は「やきめし」と読みます。

こちらも「中華料理のひとつで、炊きあがった米を、様々な具材と一緒に油で炒めたもの」になります。

「焼飯」の概要

「焼飯」「ちゃーはん」と読む時には「炒飯」と同じ意味にないります。

ただし、「やきめし」と読む時には、ご飯を炒めてから卵を入れる調理方法とされ、「炒飯」とは卵を入れるタイミングが違う解釈になります。

必ずしも卵が入っているとは限りません。

また、「炒飯」が本格的な中華料理なのに対して、「やきめし」は、日本の家庭料理として発展していて、具材にキャベツや魚肉ソーセージを入れたり、かつおだしを入れたりして、その家の人達の好みに合わせて作られます。

「炒飯」と「焼飯」の違い!

「炒飯」と「焼飯」の違い!

「炒飯」は、「『ちゃーはん』と読み、炊いたご飯と様々な具を油で炒めた中華料理のこと」です。

「焼飯」は、「『ちゃーはん』と読む場合は『炒飯』と同じ、『やきめし』と読む時には、日本独自の味付けをしたの家庭料理のこと」です。

まとめ

まとめ

今回は「炒飯」「焼飯」の違いをお伝えしました。

基本的にどちらも同じ「チャーハン」ですが、「やきめし」と使い分けることもあると覚えておきましょう。