「アウターマッスル」と「インナーマッスル」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アウターマッスル」と「インナーマッスル」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アウターマッスル」「インナーマッスル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アウターマッスル」とは?

「アウターマッスル」の意味と概要について紹介します。

「アウターマッスル」の意味

「アウターマッスル」とは、「体の表面的な部位にあり、身体を動かした際に筋肉が動いてる様子が分り易い筋肉のこと」という意味です。

「アウターマッスル」の概要

「アウターマッスル」「表層筋(ひょうそうきん)」とも呼ばれ、体の外側を覆うようにして付いている筋肉のことを言います。

トレーニングをして負荷をかけることで、作り上げられる筋肉なのです。

「インナーマッスル」よりも量が多く、毎日鍛えれば基礎代謝が上昇してダイエット効果が出易くなります。

「アウターマッスル」は、運動不足や加齢により筋力が低下し易く、老化と共に衰えて身体の機能が低下していきます。

老化と共に身体の表面にたるみがでるのは、「アウターマッスル」の筋力が低下する為です。

「インナーマッスル」とは?

「インナーマッスル」の意味と概要について紹介します。

「インナーマッスル」の意味

「インナーマッスル」とは、「体の奥深くの部位にあり、外からは見えにくい筋肉のこと」という意味です。

「インナーマッスル」の概要

「インナーマッスル」「深層筋(しんそうきん)」とも呼ばれ、身体の奥深く、骨に近い軸の部分にある筋肉のことを言います。

骨や関節の動きをスムーズにして、身体のバランスを取ることから「姿勢保持筋(しせいほじきん)」とも呼ばれています。

人の身体の中心部にあることから、立ったり座ったり、歩いたりする時に使われることが多く、毎日の生活の中で自然に鍛えられる性質を持っています。

「アウターマッスル」と「インナーマッスル」の違い!

「アウターマッスル」「身体の表面にある筋肉のこと」です。

「インナーマッスル」「身体の深層部にある筋肉のこと」です。

まとめ

今回は「アウターマッスル」「インナーマッスル」の違いをお伝えしました。

「アウターマッスルは身体の表面」「インナーマッスルは骨の近く」と覚えておきましょう。