スポンサーリンク

「配当替」と「流用」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「配当替」と「流用」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、歳出における「配当替」「流用」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「配当替」とは?

「配当替」とは?

「配当替」とは、公的な機関の歳出において、その為の配当として振り分けられていた予算では足りなくなってしまった時に、追加の配当を申し出て、それが承認された時に「配当替が認められた」と遣われることがある言葉です。

このようなことは、その部署から書面で上に申請して行われますが、その分の配当をどこからもってくるかはその上(歳出の管理側)が考えることで、こういったことの為の予備費が不足していた場合には、他の部署に充てるはずだった予算からもってくるような場合もあります。

「流用」とは?

「流用」とは?

「流用」とは、先の「配当替」の際に、他の部署に充てるはずの分をそちらにもっていくようなことがこのように表現されます。

「配当替」の申請の為に提出する書類は、「歳出予算配当替・流用申請書」などとなっていることが多く、「流用」になる場合も含めて、追加で配当が必要だという意味だと捉えることができます。

よって、この「流用」「配当替」を補うかどうかは、歳出の管理側によると考えていいでしょう。

「配当替」と「流用」の違い

「配当替」と「流用」の違い

「配当替」「流用」の違いを、分かりやすく解説します。

「配当替」は、追加の配当を申し出て、それが通ることだと解釈してください。

通らなかった時には、「配当替が受けられなかった」などと遣われます。

「流用」は、他に充てるはずの予算を他に回すことで、「配当替」の際に行われることがあります。

また、こちらの言葉は、それと同じような意味で他のことにも用いられており、「違う作品で使うはずだったキャラクターを、こちらに流用した」のように使われます。

まとめ

まとめ

「配当替」「流用」は、このように違います。

申請する側から見ると、希望通りに追加での配当が出れば、それが「流用」であったとしても、あまり関係はないことです。