「自意識過剰」と「ナルシスト」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自意識過剰」と「ナルシスト」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自意識過剰」「ナルシスト」の違いを分かりやすく説明していきます。

「自意識過剰」とは?

「自意識過剰」の意味と使い方について紹介します。

「自意識過剰」の意味

「自意識過剰」「じいしきかじょう」と読みます。

意味は「自分が人からどう見えるか、どう思われているかを必要以上に気にする人のこと」になります。

「自意識過剰」の使い方

「自意識過剰」は、「人から良く思われたい」という気持ちが強い為に、常に自分が人からどの様に見えているか、人からどの様に思われているかを気にしている人のことを言います。

自分が何をしたいか、どう思うかではなく、それをしたら人からどう思われるかを考えて行動する傾向があります。

「自意識過剰」と似た意味の言葉に「自信過剰」がありますが、意味は全く違います。

「自信過剰」「根拠なく自信を持っている人のこと」という意味で、「自意識過剰」とは反対の意味になります。

「ナルシスト」とは?

「ナルシスト」の意味と使い方について紹介します。

「ナルシスト」の意味

「ナルシスト」は、「自分が大好きな人のこと」という意味です。

「ナルシスト」の使い方

「ナルシスト」は、自分が大好きで、「自分が一番美しい」「自分が一番魅力的」だと思っている人のことを言います。

自分の才能ではなく、容姿に対して自惚れている人に使われる言葉です。

「ナルシスト」「ナルシス」は、ギリシャ神話に出てくる青年の名前です。

ネメシスという神により、自分の姿しか愛せない様にされたナルシスは、湖に映った自分の姿を好きになってしまい、身を乗り出して転落して溺れ死んでしまいます。

この神話に因んで、自己愛が異常に強い人に対して使われる様になりました。

「自意識過剰」と「ナルシスト」の違い!

「自意識過剰」「人からどう見られているか気になって仕方のない人のこと」です。

「ナルシスト」「自分のことが大好きな人のこと」です。

まとめ

今回は「自意識過剰」「ナルシスト」の違いをお伝えしました。

「自意識過剰は人目が気になること」「ナルシストは自己愛が強いこと」と覚えておきましょう。