「休暇」と「欠勤」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「休暇」と「欠勤」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「休暇」「欠勤」の違いを分かりやすく説明していきます。

「休暇」とは?

「休暇」の意味と使い方について紹介します。

「休暇」の意味

「休暇」「きゅうか」と読みます。

意味は、「労働基準法に基づき、雇用契約により労働義務が課せられている労働日のうちで、労働義務が免除される日のこと」です。

「休暇」の使い方

「休暇」は、本来労働義務のある日に、労働を免除されることを言い、基本的に会社に申請をして取得する必要があります。

労働義務のある日に休むことですので、休日には使えないのです。

また、「休暇」には法律により雇用者が労働者に必ず与えなければならない休暇と、会社が独自で定めている休暇があります。

法律で定められているのは「年次有給休暇」「産前産後休暇」「生理休暇」「育児休暇」「介護休暇」「子の看護休暇」です。

また、「夏季休暇」「慶弔休暇」などは、会社により有無や日数が違ってきます。

「欠勤」とは?

「欠勤」の意味と使い方について紹介します。

「欠勤」の意味

「欠勤」「けっきん」と読みます。

意味は、「雇用契約により労働義務のある日に勤務をしないこと」です。

「欠勤」の使い方

「欠勤」は、法律上明確な定義はありません。

労働者が何らかの事情により本来労働義務がある日に出勤しないことであり、義務を怠っているのですから基本的にはその分の給与は支払われません。

「欠勤」は私的な理由で取るものですが、多くの場合「有給休暇」を充てることが多くなり、「有給休暇」がなくなった後で季節性のインフルエンザなどに罹った場合などに使われます。

「休暇」と「欠勤」の違い!

「休暇」「会社から許可を得て、労働義務のある日に休むこと」です。

「欠勤」「会社から許可を得ずに、労働義務のある日に休むこと」です。

まとめ

今回は「休暇」「欠勤」の違いをお伝えしました。

「休暇は会社から許可を得ている」「欠勤は許可を得ていない」と覚えておきましょう。