スポンサーリンク

「好敵手」と「強敵」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「好敵手」と「強敵」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「好敵手」「強敵」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「好敵手」とは?

「好敵手」の意味と使い方について紹介します。

「好敵手」の意味

「好敵手」「こうてきしゅ」と読みます。

意味は「自分にとって実力に過不足のない、ちょうどよい競争相手のこと」になります。

「好敵手」の使い方

「好敵手」「ライバル」とも呼ばれ、自分や主人公の目の前に立ちはだかる敵の中で、実力がほぼ同じで優劣つけがたい相手のことを言います。

競い合うことでお互いの技を磨いていくことのできる関係です。

スポーツにおいては、いつでも必ず自分の目の前に立ちはだかり、勝つこともあれば負けることもある相手です。

物語で言えば、目指すものは同じでも、立場が違うことから競い合っているキャラクターのことです。

基本的に「正々堂々戦うこと」により、敵対しながらもお互いを認め合ったり尊敬し合うことはあっても、憎しみ合うことはなく、戦いを離れると友好な関係であることが多くなります。

「強敵」とは?

「強敵」の意味と使い方について紹介します。

「強敵」の意味

「強敵」「きょうてき」と読みます。

意味は「てごわい相手のこと」になります。

「強敵」の使い方

「強敵」は、争いやスポーツなどにいて、自分や主人公の目の前に立ちはだかり、邪魔をする相手のことを言います。

突破したくても中々勝てないことが多く、何度も負けて悔しい思いをしていることを表します。

ゲームや物語に置いては、それまで出てきた「敵」よりも遥かに強く、ボスキャラやサブキャラに該当するものです。

基本的に「強敵」は、主人公の目的達成を阻む存在で、常に敵対する相手に使われます。

「好敵手」と「強敵」の違い!

「好敵手」「敵のうちで実力が同じレベルで、競争する相手のこと」です。

「強敵」「敵のうちで手強く、常に邪魔をしてくる相手のこと」です。

まとめ

今回は「好敵手」「強敵」の違いをお伝えしました。

「好敵手は競争相手」「強敵は邪魔をする相手」と覚えておきましょう。