スポンサーリンク

「再度」と「改めて」の違いとは?分かりやすく解釈!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「再度」と「改めて」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「再度」「改めて」の違いについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

「再度」とは?

「再度」とは?

「再度」とは、「再び」と言い換えることができる表現で、「もう一度」という意味になります。

「再度、考慮する必要がある」と使うと、もう一度考えないといけないといった解釈になり、「再度挑戦する機会があれば~」と用いた時には、もう一度挑戦する機会が~のように、そのまま「もう一度」と置き換えることができる場合が多い言葉となっています。

「二度」という解釈で使えることもあり、例えば、「再度の交渉を得て、合意に達した」のような使われ方では、もう一度交渉したことの表現から「二度の交渉~」と捉えるのがスムーズです。

「改めて」とは?

「改めて」とは?

「改めて」は、「そのうち」「次の機会に」という意味になります。

「では、改めて訪れます」と使った時には、そのうちまた訪れますと言っており、「機会があれば、改めて」とすると、そういった機会があった時にと解釈できます。

また、「今更」という使い方もできる言葉で、「改めて言う必要もないだろう」のように用いた時がその例になります。

このどちらの意味なのかは使われ方からすぐに分かるでしょう。

「再度」と「改めて」の違い

「再度」と「改めて」の違い

「再度」は、「もう一度」と言い換えられる言葉です。

「改めて」の方も、その解釈に近いものの、直接の言い換えはできないことも多く、「そのうち」とする方が適しています。

ですが、近い言葉には変わりなく、「改めて」「今更」という解釈で使う時に「もう一度」としても意味が通ります。

その為、これらの意味の表現には、その場に応じて適した(適していると思う)方を選んで使えばいいでしょう。

まとめ

まとめ

「再度」「改めて」の違いは、以上の通りです。

「改めて」は、比較的アバウトに使うことができる言葉の為、「それでは、改めて」などとビジネスでもよく用いられます。

意味はそのうち、またと言っていることになり、例えその機会がなくても(ないと分かっていても)社交辞令として使えることから便利な表現となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物