「校正」と「点検」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「校正」と「点検」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「校正」「点検」の違いを分かりやすく説明していきます。

「校正」とは?

「校正」とは、原稿の文字の間違い、内容の誤りなどを正しくして、体裁を整えることを言います。

また「校正刷り」とは、印刷物で本刷りをする前に「校正」をする為に刷るものを言います。

簡単に覚えるならば「校正」とは文字の誤りを正すこととなります。

「この本、誤植が多いけど校正をしていないのだろうか」「校正の仕事は地味に思えるかもしれないけどとても重要なのだ」などと使います。

「点検」とは?

「点検」とは、一つ、一つ検査をする、詳しく調べるといった意味になります。

「今、全部の商品を点検しているところだ」「点検が終わるまで使用禁止です」「エンジンの点検をしたが、どこも悪いところはない」などと使います。

「校正」と「点検」の違い!

「校正」「点検」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも「調べる」といった共通の意味合いを持っています。

ですが、言葉そのものの意味が違いますので正しく使い分ける必要があります。

まず「校正」という言葉ですが、これは印刷物に対して使います。

文字、文章など間違いがないか調べて、正しくすることを言います。

例えば、この「校正」という作業をせずに本などを出版しますと誤植が多いといった問題が起こる可能性があります。

最終チェックとして「校正」は非常に大事な作業と言えるでしょう。

一方の「点検」ですが、これは一つ、一つを検査する、詳しく調べるという意味になります。

道具などを手入れすることは「点検」という言葉が当てはまります。

また人数など、数が揃っているか調べるといったことも「点検」と言います。

まとめますと「校正は文字の誤りを正しくすること」「点検は検査する、詳しく調べること」となります。

使い分けとしては「校正」は印刷物に使う言葉と覚えておきますとわかりやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「校正」「点検」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の持つ意味を覚えて、使い分けるようにしましょう。