スポンサーリンク

「戸建て」と「集合住宅」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戸建て」と「集合住宅」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「戸建て」「集合住宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「戸建て」とは?

「戸建て」とは、一戸建ての住宅のことを言います。

つまり土地があり、そこに一つの家が建っているといったものを言います。

「一軒家」と同じ意味合いと解釈して差し支えはありません。

「戸建て」の種類としては「建売住宅」「注文住宅」があります。

「建売住宅」は土地に建物が建ててある状態で売られているものです。

一方の「注文住宅」とは土地、建物とそれぞれ購入することです。

つまり土地を買って、自分の好きな家を建てるということを言います。

「戸建て」にはこのように種類があるということも併せて覚えておくといいでしょう。

「集合住宅」とは?

「集合住宅」とは、一棟の建物が、共同部分を除いて、数個の部分に区画されていて、それぞれ独立して住むといったものを言います。

簡単に言えば、アパート、マンションといったものは「集合住宅」となります。

「戸建て」と違って、庭の手入れなど手間が省ける、エレベーターなどで移動が楽といったメリットがあります。

一方で騒音トラブル、隣人がどのような人かわからないといったデメリットもあります。

「戸建て」と「集合住宅」の違い!

「戸建て」「集合住宅」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも、「住む家」のことを表す言葉ですが、それぞれ意味が違いますので見ていきましょう。

「戸建て」とは土地に一つの家が建っていることです。

通常は一世帯が住んでいるといったイメージですが、二世帯住宅の場合もあります。

いずれにしましても「戸建て」「一軒家」といった言い方になります。

また「戸建て」には建売、注文といった種類もあります。

一方でアパート、長屋、マンションといった建物のことを「集合住宅」と言います。

まとめますと「戸建ては土地に一棟の家、一家族(二世帯の場合もあり)」「集合住宅はアパート、マンション、複数の世帯が入居している」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「戸建て」「集合住宅」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの特徴を理解して使い分けてください。