スポンサーリンク

「鉄骨」と「木造」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「鉄骨」と「木造」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「鉄骨」「木造」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「鉄骨」とは?

「鉄骨」の意味と概要について紹介します。

「鉄骨」の意味

「鉄骨」「てっこつ」と読みます。

意味は、「強くてしなやかで、鉄筋コンクリートよりも軽量に仕上がる建築材料のこと」です。

「鉄骨」の概要

「鉄骨」は、粘り強さが特徴の建材で、「鉄骨造り」「鉄筋コンクリート」「鉄骨・鉄筋コンクリート造」よりも軽量で、しなやかに仕上がります。

コンクリートを使用しないので、建物自体が軽量化できて、高層マンションやオフィスビルなど、大型建造物に使われています。

軽量で、「木造」と比較して耐久性が高く地震や水害に強い他に、遮音性も高いというメリットがあります。

但し、「木造」よりもコストがかかり、気密性が低い為に、夏は暑くて冬は寒いというデメリットもあります。

「木造」とは?

「木造」の意味と概要について紹介します。

「木造」の意味

「木造」「もくぞう」と読みます。

意味は、「木材を使用して家を建てることで、気密性に優れていて、日本の気候に向いている素材であること」という意味です。

「木造」の概要

「木造」は、木材を使用して家を建てることを言い、以下の2つの工法があります。

「軸組工法」とは、「柱と梁を支柱にして、住宅を建築する工法のこと」です。

「2×4(ツーバイフォー)」は、「2インチ×4インチの大きさの木材を使用して、住宅を建築する工法のこと」です。

「木造」は、断熱性だけではなく吸湿性も高く、鉄骨や鉄筋コンクリートの住居よりも、日本の蒸し暑い夏に適しているといういメリットがあります。

但し、シロアリによる被害が多く、害虫対策が必要というデメリットもあるのです。

「鉄骨」と「木造」の違い!

「鉄骨」は、「軽量でしなやかな建材を使用して家を建てること」です。

「木造」は、「木材を使用して家を建てること」です。

まとめ

今回は「鉄骨」「木造」の違いをお伝えしました。

「鉄骨は、丈夫でしなやか」「木造は木材で快適」と覚えておきましょう。