「スナイパー」と「スポッター」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スナイパー」と「スポッター」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スナイパー」「スポッター」の違いを分かりやすく説明していきます。

「スナイパー」とは?

「スナイパー」の意味と概要について紹介します。

「スナイパー」の意味

「スナイパー」とは、「組織から専門の訓練を受けて、長距離からでも標的を確実に狙撃できる技能を身に付けた要員のこと」という意味です。

「スナイパー」の概要

「スナイパー」「狙撃手(そげきしゅ)」とも呼ばれ、組織において専門の訓練を受けて、長距離でも標的を 確実に、しかも一発で狙撃できる程の技術を身に付けた特殊要員のことを言います。

海外の映画で政府の要人などを暗殺する為に雇われていたり、逆にニュースで立てこもり犯を狙撃する為に出動した警察の部隊などを見掛けることがあります。

「スナイパー」は常に冷静な判断力と行動力が求められ、弾道を計算するなど緻密な頭脳も求められています。

「スポッター」とは?

「スポッター」の意味と概要について紹介します。

「スポッター」の意味

「スポッター」とは、「スナイパーをアシストする要員のこと」という意味です。

「スポッター」の概要

「スポッター」は、基本的に「スナイパー」とペアで行動して、狙撃を助ける為に周囲の監視をしたり、護衛に回る役割をする要員のことを言います。

「スナイパー」はもちろん訓練された射撃の名手ですが、標的に集中していると周囲のことが分りにくくなります。

「スポッター」は、レーザーなどを使用して、標的までの距離や角度など、あらゆる状況を観測する役割をします。

また、「スナイパー」に危険が迫った時にはすぐに知らせたり、場合によっては護衛することもあるのです。

「スナイパー」と「スポッター」の違い!

「スナイパー」「直接標的を狙撃する役割の要員のこと」です。

「スポッター」「状況を観測してスナイパーを助ける要員のこと」です。

まとめ

今回は「スナイパー」「スポッター」の違いをお伝えしました。

「スナイパーは狙撃手」「スポッターは観測手」と覚えておきましょう。