「ナーバス」と「デリケート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ナーバス」と「デリケート」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ナーバス」「デリケート」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ナーバス」とは?

「ナーバス」とは?

「ナーバス」の意味と使い方について紹介します。

「ナーバス」の意味

「ナーバス」とは「神経質な状態」「神経が過敏な状態」という意味です。

「ナーバス」の使い方

「ナーバス」は、何らかの理由により、神経質になったり、緊張している状態のことを言います。

「神経質」とは、「情緒的に不安定で、細かいことにも過敏に反応したり、気に病んだりする様子」です。

元々の性格ではなく、一時的にその様な心理状態になることで、試験の前日に眠れなかったり、本番直前に緊張している時などに使われます。

「ナーバス」は英語の“nervous”が日本語化した言葉ですが、英語の場合は「神経質」という意味だけではなく「興奮し易い」「イライラする」「怖がる」などの意味もあり、より不安を強く感じる様子に使われます。

「デリケート」とは?

「デリケート」とは?

「デリケート」の意味と使い方について紹介します。

「デリケート」の意味

「デリケート」とは「感受性が強く繊細な様子」「細心の注意を要するさま」「精巧にできていてこわれやすい様子」という意味です。

「デリケート」の使い方

「デリケート」は、敏感で感じ易い様子や、微妙で扱いが難しい様子のことを言います。

主に人の性格や、物の性質に対して使われる言葉で、非常に繊細で傷つきやすく、ちょっとした刺激でトラブルになってしまうことを表します。

「デリケートな問題」「デリケートな肌」など、慎重に取り扱うべきものごとに対しても使われます。

「ナーバス」と「デリケート」の違い!

「ナーバス」と「デリケート」の違い!

「ナーバス」「神経が過敏な状態になること」です 「デリケート」「敏感で傷つきやすい性格や状態」です。

まとめ

まとめ

今回は「ナーバス」「デリケート」の違いをお伝えしました。

「ナーバスはイラッとし易いこと」「デリケートは傷つきやすいこと」と覚えておきましょう。