スポンサーリンク

「雑貨」と「日用品」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「雑貨」と「日用品」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「雑貨」「日用品」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「雑貨」とは?

「雑貨」の意味と使い方について紹介します。

「雑貨」の意味

「雑貨」「ざっか」と読みます。

意味は「日常生活に必要なこまごました品物のこと」です。

「雑貨」の使い方

「雑貨」は、日常生活を送る上で「あると便利」「あると気持ち良く過ごせる」と思う品物のことを言います。

「雑」「色々なものが入り混じっていること」「いい加減な様子」という意味、「貨」「値打ちがあるの」「お金」「品物」という意味、「雑貨」「色々入り混じった品物」という意味です。

「雑貨」とは、「日常生活に必要なもの」でありますが、「それがないと生活できないもの」ではなく、「それがあると生活が便利になったり、豊かになるもののこと」を言います。

例えば、石鹸はなければ困りますので「日用品」ですが、石鹸を入れるケースを別に買う場合、あると便利な物ですので「雑貨」になります。

「日用品」とは?

「日用品」の意味と使い方について紹介します。

「日用品」の意味

「日用品」は、「日常生活に使用するあらゆる物のこと」です。

「日用品」の使い方

「日用品」は、毎日の生活に使用する品物のことを言います。

毎日使用するので、ないと困る、通常の生活が送れないもののことを言います。

「日用」「毎日使用するもの」という意味があります。

現在ではホームセンターなどで「日用品」として趣味のものも含まれていますが、この様な場合は「日用雑貨」と呼ばれ、「雑貨」に分けられます。

「雑貨」と「日用品」の違い!

「雑貨」は、「日常生活を送る上であると便利な様々な品物のこと」です。

「日用品」は、「日常生活で使用するあらゆる物のこと」です。

まとめ

今回は「雑貨」「日用品」の違いをお伝えしました。

「雑貨はあると便利なもの」「日用品は毎日使うもの」と覚えておきましょう。