スポンサーリンク

「HOゲージ」と「Oゲージ」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「HOゲージ」と「Oゲージ」の違いアニメ・マンガ・ホビー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「HOゲージ」「Oゲージ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「HOゲージ」とは?

「HOゲージ」とは「縮尺1/87(3. 5mmスケール) ・軌間16. 5mmの鉄道模型の規格」のことで、「HOゲージ」は欧米の鉄道模型ファンにもっとも人気のある規格です。

「HOゲージ」「ハーフOゲージ」という言葉の略語であり、「Oゲージの約半分の大きさ」を意味しています。

「HOゲージ」は1921年のイギリスで模型製造技術の向上によって開発された規格で、日本でも「HOゲージ」「Nゲージ」に次いで人気のある規格になっています。

「Oゲージ」とは?

「Oゲージ」とは「縮尺1/43~1/48・軌間32mmの鉄道模型の規格」のことで、1900年にドイツのメルクリン社が導入した規格で第二次世界大戦以前は世界の主流の規格でした。

「Oゲージ」は国・地域・メーカーによって縮尺が異なっている特徴があり、アメリカでは「Oスケール」とも呼ばれます。

「Oゲージ」は日本では「縮尺1/45」、アメリカでは「縮尺1/48」、イギリスでは「縮尺1/43. 5」が主流になっています。

「HOゲージ」と「Oゲージ」の違い!

「HOゲージ」「Oゲージ」の違いを、分かりやすく解説します。

「HOゲージ」「Oゲージ」も鉄道模型の大きさや軌間の規格(ゲージ)を意味しているものですが、「HOゲージ」よりも「Oゲージ」のほうが大きいという違いがあります。

「HOゲージ」とは「ハーフOゲージ」の略語であり、「Oゲージの約半分の大きさ」を意味しているからです。

「HOゲージ」「縮尺1/87・軌間16. 5mmの規格」となっていますが、「Oゲージ」のほうはそれよりもかなり大きい「縮尺1/43~1/48・軌間32mmの規格」となっている違いを指摘できます。

かつては「Oゲージ」が鉄道模型の主流でしたが、今は「HOゲージ」のほうが人気がある違いもあります。

まとめ

「HOゲージ」「Oゲージ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「HOゲージ」とは「欧米の鉄道模型市場で人気がある縮尺1/87(3. 5mmスケール) ・軌間16. 5mmの鉄道模型の規格」を意味していて、「Oゲージ」「かつて鉄道模型市場で主流だった縮尺1/43~1/48・軌間32mmの鉄道模型の規格」を意味している違いがあります。

「HOゲージ」「Oゲージ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。