「マンガ」と「アニメ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マンガ」と「アニメ」の違い アニメ・マンガ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「マンガ」「アニメ」は似ていますが、どこが違うのでしょうか。

それぞれの意味と概要についても紹介します。

「マンガ」とは?

「マンガ」の意味と概要について紹介します。

意味

「マンガ」とは、「複数のコマ割りをして、絵とセリフによりストーリーを進行させる印刷物のこと」です。

書店で販売されている印刷物で、キャラクターは動かず音も出ません。

概要

「マンガ」は、コマという囲みの中に絵を描き、セリフを付けて読ませる娯楽本です。

動きはありませんが、線の描写により動きや速さ、迫力などを表現できて、描き手のテクニックが必要とされます。

多くの場合は一人のマンガ家が全て手掛けますが、有名なマンガ家になるとアシスタントが背景などを描くこともあります。

また、原作者がいる場合や、2人以上のマンガ家が共同で描くこともあります。

「アニメ」とは?

「アニメ」の意味と概要について紹介します。

意味

「アニメ」は、アニメーションの略で「絵が動いてストーリーを進行させていく動画のことです。

少しずつ動きを表現した「セル」という絵を1枚ずつ描き、それを連続して流すことで動きを表します。

概要

「アニメ」はプロジェクトとして大勢のスタッフにより仕上げるものです。

原作者の絵コンテを元に、アニメーターが1枚ずつセルを作成して、色を塗って仕上げます。

最近では映像技術が発達していて、プログラミングで作成できる様になりました。

また、声優と呼ばれる人がキャラクターのセリフを担当したり、音声やBGMを使用したりして、迫力のある動画に仕上げています。

「マンガ」と「アニメ」の違い!

「マンガ」「動かない絵によるストーリー」で、「アニメ」「動く絵によるストーリー」です。

「動くか動かないか」が違いになります。

まとめ

「マンガ」「アニメ」は混同されがちですが、明確な違いがあります。

雑誌は「マンガ」で、動画は「アニメ」と覚えておくと良いでしょう。