「実写」と「アニメーション」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実写」と「アニメーション」の違い アニメ・マンガ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「実写」「アニメーション」の違いを分かりやすく説明していきます。

「実写」とは?

「実写(じっしゃ)」とは、「漫画・物語の原作をアニメーションではなく、俳優の演技と背景を撮影してつくった映像作品」のことを意味している言葉です。

「実写」の言葉には、「実際の景色・状況を文章や絵で表現すること」「模型・セットではなく実際の風景・場面を撮影してつくった映像」といった意味合いもあります。

「アニメーション」とは?

「アニメーション」とは、「絵・イラスト・人形などを少しずつ動かして、一コマずつ撮影することで動いているように見せている映像作品」「絵・イラスト・CGを活用して作成した動画」のことを意味しています。

「アニメーション」というのは、「人間の俳優が演じている映像作品ではない、絵・イラストによる漫画映画・映像作品」のことを意味しているのです。

「実写」と「アニメーション」の違い!

「実写」「アニメーション」の違いを、分かりやすく解説します。

「実写」「アニメーション」「動きのある映像作品」のことを意味している点では共通していますが、「実写」「人間の俳優が演じてそれを撮影した映像作品」を意味していて、「アニメーション」「絵・イラストを一コマずつ撮影して動いているように見せる映像作品(漫画映画)」のことを意味しているという違いがあります。

「実写」という言葉の原義は「実際の景色・状況を文章や絵にして表現すること」ですが、「アニメーション」にはこの意味はありません。

「実写」というのは「漫画・原作の物語を俳優が演技して撮影した映像作品」のことで、「アニメーション」のほうは「絵・イラストを動かしている映像作品」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「実写」「アニメーション」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「実写」とは「漫画・物語をアニメーションではなく、俳優(人)を使って作成した映像作品」などを意味していて、「アニメーション」「動画作品・絵を連続的に表示することで起こる仮現運動を利用した映像手法」を意味している違いがあります。

「実写」「アニメーション」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。