スポンサーリンク

「トミカ」と「ミニトミカ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トミカ」と「ミニトミカ」の違いアニメ・マンガ・ホビー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「トミカ」「ミニトミカ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「トミカ」とは?

「トミカ」とは?

「トミカ」とは、「タカラトミー(旧トミー)のTOMYブランドから販売されている自動車・オートバイなどをミニチュア化した玩具(約60分の1の小スケールのミニカー)」のことです。

「トミカ」は、タカラトミーが発売している鉄道玩具のプラレールと組み合わせられるように設計されているので、ミニカーを実際に動かして遊ぶことができます。

「トミカ」というのは1970年(昭和45年)から販売しているミニカーであり、累計販売個数が約6億4000万台にもなるロングセラー商品なのです。

「ミニトミカ」とは?

「ミニトミカ」とは?

「ミニトミカ」とは、「トミカの玩具(ミニカー)をさらに縮小して簡素化したもので、ガムなどの他商品のおまけとしてついてくるミニカー」のことです。

「ミニトミカ」というのは、例えば、永谷園が販売している「トミカふりかけ」におまけとして付属している小スケールのミニカーのことを意味しているのです。

「ミニトミカ」「働く車シリーズ」には、マツダのRX7のパトカーや三菱ふそうのエアロスター、オフロードダンプなど色々な種類がラインナップされています。

「トミカ」と「ミニトミカ」の違い!

「トミカ」と「ミニトミカ」の違い!

「トミカ」「ミニトミカ」の違いを、分かりやすく解説します。

「トミカ」「ミニトミカ」もタカラトミー(旧トミー)のTOMYブランドが製造販売しているミニカーという意味では共通していますが、「トミカ」というのは「約60分の1のスケールで製造されている自動車・オートバイなどの玩具(ミニカー)」のことを意味しています。

ミニカーの玩具として売られているトミカに対して、「ミニトミカ」というのは「ガムなどの菓子・お茶漬けなどのおまけとしてついてくる食玩のミニカー(トミカよりも簡素化・小縮尺化した製品が多い)」であるという違いを指摘することができます。

まとめ

まとめ

「トミカ」「ミニトミカ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「トミカ」とは「タカラトミー(旧トミー)のTOMYブランドが販売しているミニカー」を意味していて、「ミニトミカ」「ガム・お茶漬けなどのおまけ(食玩)としてついてくる小スケール化・簡素化したミニカー」を意味している違いがあります。

「トミカ」「ミニトミカ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。