スポンサーリンク

「アベンジャーズ」と「マーベル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アベンジャーズ」と「マーベル」の違いアニメ・マンガ・ホビー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アベンジャーズ」「マーベル」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アベンジャーズ」とは?

「アベンジャーズ」とは?

「アベンジャーズ」は、「マーベル」コミックスのヒーローたちが集結して連合を組んだチームのことで、連合入りしたチームは、それぞれ「マーベル」コミックの主要キャラの中から選出されます。

「マーベル」とは?

「マーベル」とは?

「マーベル」は、アメリカのコミックの会社のことで「アベンジャーズ」のヒーロー人を含め、アイアンマンやスパイダーマンなどのヒーローを扱うコミックの販売会社です。

「アベンジャーズ」と「マーベル」の違い

「アベンジャーズ」と「マーベル」の違い

「アベンジャーズ」「マーベル」の違いは、「マーベル」コミックに登場するヒーロー人の連合であるか、コミックの会社そのものを指すかです。

「マーベル」は、「アベンジャーズ」というヒーロー陣営の連合のコミックの販売元で「アベンジャーズ」はコミックスの商品の一つでしかありません。

「アベンジャーズ」の例文

「アベンジャーズ」の例文

・『アベンジャーズは実のところ設定がまちまちである』
これは、映画やコミックにアニメなどでは実のところ、設定がまちまちで統一感があまりないということを意味します。

何故、こうした問題が起きるかですが、実はアメリカのコミックは日本の漫画のように一人の人物がコミックを書いているわけではないです。

その為、別の人物が漫画を描くことで性格が異なったり、秘密組織の在り方が異なるため、「アベンジャーズ」においてもずれが生じてしまうのです。

しかも、アメリカのコミックの場合、あまりにもズレすぎたり人気がないコミックスの巻数においてはその作者は無かったことにされてしまいますので黒歴史として漫画や映画にアニメが処理されることもあります。

「マーベル」の例文

「マーベル」の例文

・『マーベルコミックは親会社はディズニー』
これは、「マーベル」というアメコミヒーローの漫画を扱っている親会社は実はあのディズニーであるという例です。

その為、映画会社もディズニーになるため、今現在においては、「マーベル」はディズニーの管理下にあるコミックスの会社になります。

まとめ

まとめ

「アベンジャーズ」「マーベル」は、「マーベル」コミックに登場するヒーローたちを陣営化して悪の組織の陣営に立ち向かえるよう組織化された集団たちのことを意味します。

なお、参加資格があり、例えばデッドプールのような人物は参加資格がなく、その理由は第3者に語り掛ける人物は入隊が不可能でかつ正義のヒーローである物でなければ入隊できません。

デッドプールの場合お金で動くうえ、パニッシャーなどは復讐目的で活動するなど地球を救おうという意思がない物は正義の組織の陣営から入隊を希望されないのです。

しかし、ミュータントの陣営を組織して世界平和を目指すエックスメンの陣営についてはデッドプールをミュータントの生徒の講師になってほしいという要望があることから実のところ、「アベンジャーズ」という組織は結構外面を気にしている組織なのかもしれません。