スポンサーリンク

「アラスカンハスキー」と「シベリアンハスキー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アラスカンハスキー」と「シベリアンハスキー」の違い動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アラスカンハスキー」「シベリアンハスキー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アラスカンハスキー」とは?

「アラスカンハスキー」とは?

「アラスカンハスキー」とは、アラスカを原産とした犬ぞり用に特化して改良・交配を重ねた犬の総称です。

厳密には犬種のひとつとして明確に確立されているわけではないため、容姿についても様々な見た目を持っています。

交配された犬の種類としては、そり犬として優秀であった後述するシベリアンハスキーをはじめ、アラスカンマラミュート、狩猟用のガンドッグや獣犬などの様々な犬種が交配されてきた歴史があります。

様々な犬種が交配されているため、「アラスカンハスキー」は一頭ずつ全く見た目が異なり、いわば雑種とも呼べる犬であり、様々な犬種の特徴や遺伝子を持ち合わせているため、繁殖力や生命力の面でも優れており非常に長生きという特徴があります。

このように「アラスカンハスキー」は、そり犬用として活躍している犬の総称であるため、見た目や大きさなどで判断する訳ではなく、犬の能力によって「アラスカンハスキー」と呼ばれていると言ったほうが正しいでしょう。

「シベリアンハスキー」とは?

「シベリアンハスキー」とは?

「シベリアンハスキー」とは、ロシア・シベリア地方を原産としたエスキモー犬の一種である犬種を指します。

大型犬であり、体長50~60センチメートル、体重は16~28キログラム程になり、平均寿命は12~14年とされています。

顔の模様が特徴的でオオカミのような顔立ち、見た目は鋭くキリッとしたイメージがありますが、その性格は非常に従順で主人に対して友好的な態度を示します。

「シベリアンハスキー」は眉毛のような太い模様が特徴的で、毛の色も黒から白まで様々な色があります。

元々は、寒い地方においてそり犬として活躍していた「シベリアンハスキー」ですが、その社会性の強さや好奇心旺盛で人間に対して友好的な性格から、ペットとして飼われるようになっていきました。

「シベリアンハスキー」は、非常に好奇心旺盛であり、いたずら好きの犬種ですあるため、運動量が多く、散歩などの運動を頻繁にさせる事が重要であるため、飼育については簡単とは言えません。

しかし、適正に飼育が行われれば非常に優秀なペットとして家族の一員となる犬種です。

「アラスカンハスキー」と「シベリアンハスキー」の違い

「アラスカンハスキー」と「シベリアンハスキー」の違い

「アラスカンハスキー」「シベリアンハスキー」の違いはいくつか挙げられます。

「アラスカンハスキー」は、ある意味雑種とも呼べる犬であるため、見た目や大きさに統一性はありません。

寒い地域で犬そり用として飼育されていたという点は同一ですが、「アラスカンハスキー」は現在も現役で犬そり用として活躍している犬であり、「シベリアンハスキー」は主にペットとして飼育されている傾向にあります。

「アラスカンハスキー」は、犬そり特化の犬という事もあって、その本能のまま行動する傾向が強く、ペットとしてはあまり向いていないため、あくまで能力的な面において活躍するために飼育されている犬と言えます。

対して「シベリアンハスキー」は、その友好的な性格からペットとして飼われており、家族の大切な一員として重要な存在となっている場合が多くなっています。

まとめ

まとめ

「アラスカンハスキー」「シベリアンハスキー」は、名前こそは似ていますが、全く異なっている犬の種類と言えます。

「アラスカンカスキー」はその特性上、ペットとしてあまり向いておらず、オオカミに近い野生的なイメージと言えば分かり易いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物