「観葉植物」と「多肉植物」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「観葉植物」と「多肉植物」の違い 動物・植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「観葉植物」「多肉植物」の違いを分かりやすく説明していきます。

「観葉植物」とは?

「観葉植物」の意味と概要について紹介します。

「観葉植物」の意味

「観葉植物」「かんようしょくぶつ」と読みます。

意味は、「主に室内に置き、葉を鑑賞して楽しむ植物のこと」です。

「観葉植物」の概要

「観葉植物」は、室内やテラスなどに置き、葉ぶりやその色合いを楽しむことが目的の植物のことを言います。

葉が大きい・小さいものや、緑の色合いが様々であったり、まだら模様があるなど、視界に入ることで自然な雰囲気をかもし出したり、美しさを味わうなどして、リラックス効果が期待できます。

一般家庭の他にもホテルのロビーやカウンターのある店舗などに置かれています。

「観葉植物」はホームセンターで購入する他に、レンタルやリースをすることもあります。

室内置きですので、室温調整に注意をする必要があります。

「多肉植物」とは?

「多肉植物」の意味と概要について紹介します。

「多肉植物」の意味

「多肉植物」「たにくしょくぶつ」と読みます。

意味は、「茎や葉、根などに水を溜めている、肉厚な植物のこと」です。

「多肉植物」の概要

「多肉植物」は、葉や茎。

根などに水を溜め込んでいる植物の総称です。

乾燥した地域に生育している為に、水やリの回数が少なくて済みます。

また、成長速度が遅い為に、鉢を植え替える必要がなく、普通の植物よりも世話が簡単というメリットがあります。

肉厚の植物と言えば「サボテン」が代表的なのですが、「サボテン」は非常に種類が多いことから、園芸業界としては「サボテン」「多肉植物」と分けることが多くなります。

「観葉植物」と「多肉植物」の違い!

「観葉植物」「葉を鑑賞して楽しむ植物のこと」です。

「多肉植物」「茎や葉、根などに水を溜めている、肉厚な植物のこと」です。

まとめ

今回は「観葉植物」「多肉植物」の違いをお伝えしました。

「観葉植物は葉っぱを楽しむ」「多肉植物は肉厚さを楽しむ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
動物・植物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物