「面倒を見る」と「世話する」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「面倒を見る」と「世話する」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「面倒を見る」「世話する」の違いを分かりやすく説明していきます。

「面倒を見る」とは?

「面倒を見る」とは、「自分以外の他者のために尽力したり世話したりすること」を意味している言葉です。

「面倒を見る」には、「後見人になって支援する・間に立って物事を仲介する」といった意味合いもあります。

また「面倒を見る」は、一般的に「自分よりも地位・立場が下の相手に対して使われる言葉」になっています。

「世話する」とは?

「世話する」とは、「自分以外の他者のために力を尽くしたり楽になるように支援したりすること」を意味している表現です。

「世話する」には、「間に立って取り持つこと・仕事などを仲介して紹介すること」といった意味合いもあります。

「世話する」の表現は「先生をお世話する・専務のお世話をする」などで使えるように、「地位・立場の上下関係に縛られずに使える言葉」になっています。

「面倒を見る」と「世話する」の違い!

「面倒を見る」「世話する」の違いを、分かりやすく解説します。

「面倒を見る」「世話する」「自分以外の他者のために尽力すること・間に立って取り持つこと」を意味している点では似た言葉です。

ただし「面倒を見る」という表現は、「自分よりも立場・地位が上の相手には使えない」という違いがあります。

例えば、「お客様のお世話をさせて頂きます」という文章は普通に使うことができますが、「お客様の面倒を見させて頂きます」という文章はお客様に対して失礼に当たる恐れが強くなってしまうのです。

「面倒を見る」は基本的に「子供の面倒を見る・生徒の面倒を見る」のように「自分よりも格下の相手に使われる言葉」であり、「世話する」「子供の世話をする・先生のお世話をする」のように「上下関係を問わず使える言葉」である違いがあります。

まとめ

「面倒を見る」「世話する」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「面倒を見る」とは「自分よりも立場・身分が下の人の世話をすること、楽になるように支援すること」を意味していて、「世話する」「自分以外の他者の面倒を見たり手伝いをしたりすること(上下関係を意識せず使える言葉)」を意味している違いがあります。

「面倒を見る」「世話する」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。