「ドッグトレーナー」と「犬の訓練士」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ドッグトレーナー」と「犬の訓練士」の違い ビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ドッグトレーナー」「犬の訓練士」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ドッグトレーナー」とは?

「ドッグトレーナー」とは、「飼い主の依頼を受けて、家庭で飼われているペットの犬のしつけを行う仕事・職業」のことを意味しています。

「ドッグトレーナー」というのは、「無駄吠えの抑制・噛み付き癖の改善・散歩の仕方・トイレのマナー」などのしつけを訓練して教え込む職業であり、飼い主がペットの犬について困っていることを改善していきます。

「ドッグトレーナー」には国家資格はありませんが、「日本ドッグトレーナー協会(JDTA)」が認定する「ドッグトレーナーライセンス」の民間資格があります。

「犬の訓練士」とは?

「犬の訓練士」とは、「警察犬・麻薬探知犬・災害救助犬・盲導犬などの使役犬を専門的に訓練したり調教したりする職業」のことを意味しています。

「犬の訓練士」「人間の生命・救助・安全などに関わっている使役犬(職業犬)をトレーニングする仕事・職業」なので、ペットの犬をしつける「ドッグトレーナー」になるよりも狭き門となっています。

「犬の訓練士」の国家資格はありませんが、警察官になって「警察犬訓練士」を取得したり、税関職員が「麻薬探知犬訓練士」を取得したりといった「犬の訓練士」としてのキャリアはあります。

「ドッグトレーナー」と「犬の訓練士」の違い!

「ドッグトレーナー」「犬の訓練士」の違いを、分かりやすく解説します。

「ドッグトレーナー」「犬の訓練士」「広義の犬のトレーニングをする仕事・職業」という意味合いでは類似したところがありますが、「ドッグトレーナー」よりも「犬の訓練士」のほうが「より専門的で高度な犬のトレーニング方法・しつけ方が必要になってくる」という違いはあります。

「ドッグトレーナー」というのは「主にペットとして家庭で飼われている犬のしつけ・行動訓練を行う職業」のことを意味していますが、「犬の訓練士」「警察犬・盲導犬・麻薬探知犬などの使役犬を専門的かつ確実に訓練する職業」を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

「ドッグトレーナー」「犬の訓練士」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ドッグトレーナー」とは「飼い主の依頼を受けて、ペットとして家庭で飼われている犬のしつけを行うための職業」を意味していて、「犬の訓練士」「警察犬・災害救助犬・盲導犬などの使役犬を専門的に訓練するための職業」を意味している違いがあります。

「ドッグトレーナー」「犬の訓練士」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。