「バイラルメディア」と「キュレーションメディア」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「バイラルメディア」と「キュレーションメディア」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「バイラルメディア」「キュレーションメディア」の違いを分かりやすく説明していきます。

「バイラルメディア」とは?

「バイラルメディア」とは、「viral=ウイルス性の・感染的な」という言葉から、「バイラル(ウイルス)のように情報が拡散していくメディア」が原義です。

「バイラルメディア」というのは、「Twitter・facebook・instagramのようなSNSの情報拡散力を活用して、バズる記事を量産することでアクセス数・広告収益の増加を目指すウェブメディア」のことを意味しています。

「バイラルメディア」では「最近話題になっているニュース・記事・動画などをネタにしたまとめサイト型のコンテンツ」が中心になりやすく、「オリジナル性のある記事」は少なくなりがちです。

「キュレーションメディア」とは?

「キュレーションメディア」とは、「特定ジャンルの情報・ニュース・知識を分かりやすく整理してまとめたウェブメディア」のことを意味しています。

「キュレーションメディア」は、「SEO(検索エンジン最適化)の技術を用いて検索結果の上位に表示されることで、検索流入によるアクセス数・広告収益の増加を狙ってるウェブメディア」のことなのです。

「バイラルメディア」と「キュレーションメディア」の違い!

「バイラルメディア」「キュレーションメディア」の違いを、分かりやすく解説します。

「バイラルメディア」「キュレーションメディア」「それぞれの仕組み・方法を活用して、アクセス数(広告収益)の増加を狙うウェブメディア」という意味では共通している部分がありますが、「バイラルメディア」のアクセスの中心は「Twitter・facebookなどSNSからの流入」にあります。

「バイラルメディア」「SNSで話題にされたりリツイートされたりするバズる記事を作成して、アクセス数を増やそうとするウェブメディア」を意味していて、「キュレーションメディア」「特定ジャンルの情報・知識・ニュースをまとめて検索エンジンからの流入でアクセス数を増やそうとするウェブメディア」を意味している違いがあります。

まとめ

「バイラルメディア」「キュレーションメディア」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「バイラルメディア」とは「SNS・バズる記事を活用した情報拡散とアクセス増加を目的とするメディア」を意味していて、「キュレーションメディア」「役に立つ情報・知識をまとめてSEOによる検索エンジンからの流入を目的とするメディア」を意味している違いがあります。

「バイラルメディア」「キュレーションメディア」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。