スポンサーリンク

「コメント」と「アンチコメント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コメント」と「アンチコメント」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コメント」「アンチコメント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コメント」とは?

「コメント」とは?

「コメント」とは、英語では“comment”と綴ります。

問題、事件、誰かの書いた文章、意見などに対して、意見、見解を述べることを言います。

「コメントありがとうございます」「コメントは控える」「優しいコメントばかりではなく、厳しいものもいくつかあった」などと、使います。

「アンチコメント」とは?

「アンチコメント」とは?

「アンチコメント」とは、ネット上などでよく使われる言葉ですが、意味は「批判的なコメント」となります。

「アンチ」とは名詞につき「反対の…」「…でない」「…に対する」といった意味になります。

つまり、投稿された文章、書き込みに対して、反対の内容、批判的な内容となっているコメントのことを「アンチコメント」というわけです。

表現の自由がありますので「アンチコメント」そのものが悪いというわけではありません。

ですが「アンチコメント」は相手を傷つけたり、誹謗中傷につながる可能性がありますので、十分気をつけた上で行う必要があると言えるでしょう。

「コメント」と「アンチコメント」の違い!

「コメント」と「アンチコメント」の違い!

「コメント」「アンチコメント」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも意見を言うことという意味では同じです。

違いと言えば「コメント」とは一般的に意見、思ったことを言うという意味に対して「アンチコメント」とは、反対の意見、批判的な意見といった意味になるところです。

「コメント」は問題ありませんが「アンチコメント」になりますと、問題を起こす可能性が高まります。

例えば「アンチコメント」をした人に対する「アンチコメント」が出てきます。

そうなりますと、投稿している場(ブログ、SNSなど)は荒れて、いわゆる「炎上」といった状態になります。

とはいえ、自分の意見を述べることが悪いというわけではありません。

本人は「コメント」のつもりでも、受け取った側が「アンチコメント」と思うことも往々にしてあることです。

また「アンチコメント」をしたつもりでも、相手が、言い難いことをあえて言ってくれた「コメント」として真摯に受け止めることもあるでしょう。

言葉の意味としては「コメントは意見、感想」「アンチコメントは、反対、批判的な意見、妬み、嫌いといった感情が入った感想」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「コメント」「アンチコメント」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解し、使ってください。