スポンサーリンク

「営業車」と「自家用車」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「営業車」と「自家用車」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「営業車」「自家用車」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「営業車」とは?

「営業車(えいぎょうしゃ)」とは、「自動車運送事業者(法人・個人事業者)が事業に使用する目的で所有している車」のことを意味しています。

「営業車」というのは具体的に言うと、「タクシー・バス・トラックなどの運送事業に用いられている緑ナンバー(青ナンバー)の車両」「社用車の中でも特に営業・事業のために使う車」のことです。

軽自動車の「営業車」の場合は、黒色のナンバープレートに黄色で数字が書かれた「黒ナンバー」になります。

「営業車」は事業・仕事のために用いられる車なので「税制の優遇」があり、自家用車よりも自動車税の税率が低く設定されています。

「自家用車」とは?

「自家用車(じかようしゃ)」とは、「営業車ではない個人・家族が主に私的な目的のために利用している車」「営業車ではない一般的な用途に使われる車すべて」のことです。

「自家用車」は一般的に「マイカー」とも呼ばれます。

「自家用車」は、白いナンバープレートに緑色で数字が書かれた「白ナンバー」になります。

「営業車」と「自家用車」の違い!

「営業車」「自家用車」の違いを、分かりやすく解説します。

「営業車」「自家用車」はどちらも車という意味では同じですが、「営業車」「自動車運送事業者が事業に使用する目的で所有している車(運輸局で営業車として許可を取った車)」のことを意味しています。

「自家用車」というのは、「営業車ではない他の一般的な車(運送事業・仕事のために専用で使う車ではない車)」を意味している違いがあります。

「営業車」「緑ナンバー・青ナンバー・黒ナンバー(軽自動車)」のナンバープレートをつけていますが、「自家用車」「白ナンバー」をつけている違いも指摘できます。

また「営業車」のほうが「自家用車」よりも自動車税の税率が格段に安く設定されている違いもあるのです。

まとめ

「営業車」「自家用車」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「営業車」とは「自動車運送事業者が事業に使用する目的で所有している車・緑(青)ナンバーおよび黒ナンバーの車」を意味していて、「自家用車」「営業車ではない個人が私的に使用する目的で所有している車」を意味している違いがあります。

「営業車」「自家用車」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。