「甘やかす」と「優しさ」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「甘やかす」と「優しさ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「甘やかす」「優しさ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「甘やかす」とは?

「甘やかす(あまやかす)」とは、「厳しさ・けじめがなくて、相手の言うことを何でも聞いてちやほやすること」を意味している言葉です。

「甘やかす」という表現は、「自分の親切・援助などが相手のためにならない可能性があっても、相手の欲求不満をすぐに満たしてあげること」を意味しているのです。

「甘やかす」は、「相手のためを思って優しくする」よりも「自分の保護欲求・承認欲求を満たすために優しくする」という面が強いのです。

「優しさ」とは?

「優しさ(やさしさ)」とは、「相手に対して親切で、思いやり・愛情があること」「相手のために行動する温かい心を持っていること」を意味している言葉です。

「優しさ」という言葉は、「相手を助けようとしている自分の行動が、これから先、相手のためになるかどうかを見極めた上で助けたり親切にしたりする」といった意味のニュアンスを持っています。

「優しさ」は、「相手の言うことを何でも聞いて助けること」ではなく「相手のためになる助言・忠告をして改善を求めること」なども含んでいるのです。

「甘やかす」と「優しさ」の違い!

「甘やかす」「優しさ」の違いを、分かりやすく解説します。

「甘やかす」「優しさ」「相手に厳しく(冷たく)接しないこと」という意味では共通点がありますが、「甘やかす」には「相手のためにならなくても、相手の言うことをすぐに聞いてあげて従うこと」という意味のニュアンスがあります。

「優しさ」「甘やかす」と比べて、「相手のためになることを考えた上で、思いやりのある親切な振る舞いをすること」を意味しているという違いがあります。

「優しさ」「今後の相手のためになるか否かを考えた上で相手を助けること」を意味していますが、「甘やかす」のほうは「その相手のためにならない恐れがあっても(自立心・やる気をダメにしても)、相手が求めることを何でもしてあげること」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「甘やかす」「優しさ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「甘やかす」とは「相手の欲求不満にすぐに応えてあげて、厳しさ・けじめがないこと」を意味していて、「優しさ」「相手のためを思っていて、純粋・親切で温かい心があること」を意味している違いがあります。

「甘やかす」「優しさ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。