スポンサーリンク

「専業大家」と「兼業大家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「専業大家」と「兼業大家」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「専業大家」「兼業大家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「専業大家」とは?

「専業大家」とは?

「専業大家(せんぎょうおおや)」とは、「マンションやアパートの部屋を賃貸して得られる賃料(家賃)だけで生活を成り立たせている家主・物件の所有者」のことを意味しています。

「専業大家」というのは「所有しているマンション・アパートの部屋を貸し出す不動産賃貸業」だけをしている家主のことであり、不動産賃貸業以外にはサラリーマンやアルバイトの仕事はしていないのです。

「兼業大家」とは?

「兼業大家」とは?

「兼業大家(けんぎょうおおや)」とは、「マンションやアパートの部屋を賃貸する不動産賃貸業以外にも、何らかの仕事をして家賃とは別の収入を得ている人」のことを意味しています。

「兼業大家」というのは、「会社員・公務員をしながら部屋を貸し出す不動産賃貸業をしている人」「アルバイト・副業をしながら不動産賃貸業もしている人」を意味する用語なのです。

同じ「兼業大家」であっても、部屋を賃貸して得る家賃収入の割合が多い人もいれば、家賃以外の仕事をして得ている収入の割合のほうが多い人もいます。

「専業大家」と「兼業大家」の違い!

「専業大家」と「兼業大家」の違い!

「専業大家」「兼業大家」の違いを、分かりやすく解説します。

「専業大家」「兼業大家」「賃貸物件を所有して貸し出しているオーナー・家賃収入を得ている家主」という意味合いでは共通していますが、「専業大家」「マンションやアパートの部屋を賃貸して得る賃料(家賃)だけで生活を成り立たせている家主・物件のオーナー」のことを意味しています。

専業大家に対して「兼業大家」というのは、「不動産賃貸業以外の仕事を持っていて、家賃以外の収入も得ている家主・物件のオーナー」のことを意味している違いを指摘できます。

「専業大家」「部屋を賃貸する不動産賃貸業だけをしている家主」であり、「兼業大家」「不動産賃貸業以外にサラリーマン・バイト・副業もしている家主」であるという違いがあるのです。

まとめ

まとめ

「専業大家」「兼業大家」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「専業大家」とは「所有している不動産の家賃収入のみで生計を立てている家主」を意味していて、「兼業大家」「家賃収入以外の仕事(サラリーマン・副業など)の収入を得ながら生計を立てている家主」を意味している違いがあります。

「専業大家」「兼業大家」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。