「数1」と「数a」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「数1」と「数a」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「数1」「数a」は高校で学習する数学の科目・範囲を意味する言葉ですが、「数1」「数a」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「数1」「数a」の意味の違いを詳しく解説していきます。

「数1」とは?

「数1」とは?

「数1」という高校数学の分野は、「中学数学の内容を基礎として、どの高校でも高校1年生の時期に学習する分野」を指示しています。

「数1」の具体的な学習単元には「式の計算・方程式・不等式・2次関数・2次不等式・三角比・図形の計量」が含まれていて、個人差はありますが「数a」よりも相対的に易しいと感じる人が多くなっています。

方程式・不等式・二次関数・図形・計量

「数a」とは?

「数a」とは?

「数a」という高校数学の分野は、「数1と同じで中学数学を基礎とするが、全ての高校で必ず習うとは限らない分野(国立大の受験科目で必要なので進学校ではほぼ習う数学分野)」を指示しています。

「数a」の具体的な学習単元には、「場合の数・確率・論理と集合・平面図形」が含まれています。

「数1」「計算・関数・グラフ」が中心ですが、「数a」「論理」が中心になっています。

「場合の数・確率・論理と集合・平面図形」

「数1」と「数a」の違い!

「数1」と「数a」の違い!

「数1」「数a」の数学分野の違いを、分かりやすく説明していきます。

「数1」の数学分野は「中学数学を基礎として、どの高校でも高校1年生の時期に学習する分野」で、「式の計算・方程式・不等式・2次関数・2次不等式・三角比・図形の計量」の学習単元が含まれています。

それに対して、「数a」の数学分野は「数1と同じく中学数学を基礎とするが、全ての高校で習うとは限らない分野(進学校ではほぼ習う数学の分野)」で、「場合の数・確率・論理と集合・平面図形」の学習単元が含まれているという違いがあります。

まとめ

まとめ

「数1」「数a」の意味の違いを分かりやすく解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

「数1」の数学の分野は「中学数学を基礎として、どの高校でも高校1年生の段階で学習する分野」を意味しています。

それに対して、「数a」の数学の分野は「中学数学を基礎としているが、全ての高校で習うとは限らない分野(難関大の受験科目では必要なため、進学校では習う分野)」を意味しているという違いがあります。

「数1」「数a」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容を読んでみてください。