「武蔵野線」と「京橋線」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「武蔵野線」と「京橋線」の違い 乗り物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日常普段の生活の中で通勤で使う電車には色々とあります。

都市圏では電車だけでなく、地下鉄も走っており多くのビジネスマンが利用しています。

そこで今回は、数多くある交通網の中で、「武蔵野線」「京橋線」という2つのキーワードをピックアップして考察してみたいと思います。

「武蔵野線」とは?

「武蔵野線」とは、(JR東日本)の鉄道路線で神奈川県横浜市鶴見区の鶴見駅?千葉県船橋市西船橋駅がつながった鉄道路線です。

この他に新小平駅?国立駅間、新秋津駅?西武・所沢駅間、西浦和駅・武蔵浦和駅?与野駅間などの支線もあります。

この「武蔵野線」では、日々数多くの通勤者が利用しています。

「京橋線」とは?

「京橋線」というキーワードをピックアップしましたが、残念ながら、「京橋線」は存在しておりません。

「路線」ではなく「駅」としての「京橋駅」があります。

この「京橋駅」も全国に2か所あり、1つは旅客鉄道(JR西日本)の「京橋駅」で大阪府大阪市城東区・都島区にある大阪環状線の駅の1つです。

もう1つ東京メトロ・銀座線の駅で東京都中央区京橋二丁目にある地下鉄の駅です。

「武蔵野線」と「京橋駅」の違い!

「武蔵野線」「京橋駅」の解釈をすると、「武蔵野線」はJR東日本の幹線の1つで、昔、日本国有鉄道(国鉄)が建設した貨物線でしがたが、これと同時に旅客用としても利用された首都圏の外環状路線です。

神奈川県北部から東京都多摩地区、埼玉県南部、千葉県西部をグルリと結んで、東京都心部から放射状に延びたJRの各路線と乗換が設けられていますので、毎日、多くの通勤・通学の利用客が使っています。

「京橋駅」は大阪環状線、及び、地下鉄・東京メトロの駅として機能していますが、これも毎日多くのビジネスマンが利用しています。

まとめ

日常で使っている交通機関をこのように見て行くと、意外と面白いことが見えてきました。

何気なく使っている交通手段がゆえに、このように深く見て行くと、ユニークな世界が広がっていくでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
乗り物
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物