スポンサーリンク

「オーナー」と「店主」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オーナー」と「店主」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オーナー」「店主」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オーナー」とは?

「オーナー」とは?

「オーナー」とは、英語で“owner”と綴ります。

意味は、所有者、持ち主となります。

また「船の所有者」ではあるが、自分は運航に当たらない人という意味も持っています。

よく使われる言葉に「オーナーシェフ」という言葉がありますが、これは和製英語とフランス語で、レストランの経営も兼ねている料理長という意味になります。

つまり雇われではない料理長ということです。

「店主」とは?

「店主」とは?

「店主」とは、店のあるじという意味になります。

つまりその店を経営している人となります。

その店の持ち主ではないにせよ、責任者である、長であるという場合は「店主」ではなく「店長」といった呼び方になります。

ですが「店主」がスタッフに「店長」と呼ばれることもありますので、実際のところは「店主」なのか、雇われている「店長」なのか、聞いてみないとわからないことも多いのです。

「オーナー」と「店主」の違い!

「オーナー」と「店主」の違い!

「オーナー」「店主」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「店の持ち主」という意味合いで、同義語と言えます。

つまりどちらを使っても、その店を持っている人という意味で同じになります。

それでは違いを見ていきましょう。

「オーナー」とは英語ですが、意味は所有者、持ち主となります。

「バイトして1年だが、オーナーを、見たことがない」「店長は従業員で、オーナーは別にいる」などと言いますのは、お店などの持ち主であったとしても、自分はその業務にあたらないといったこともあるからです。

一方の「店主」とは店の主人、あるじといった意味ですから、普段から店にいて働いているということになります。

まとめますと「オーナーとは所有者、持ち主。

所有しているが業務には当たらない人」
「店主とは店の主人、あるじ」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「オーナー」「店主」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して、使い分ける場合と、どちらでも意味が同じで大丈夫な場合と判断するようにしてください。